焼肉はベストな焼き加減で食べたい!プロが焼いてくれるからこそ旨い店4選

  • 田村牧場のヒレを使った「牛ヒレかつ」レア加減も見事。口にすれば、ふわっと軽やかな軟らかさに陶然となる。トリュフ塩で

  • 極上肉を一番美味しい状態に焼き上げたら皿にのせて、さっと退出していく。まさに焼き職人

  • 前菜の「生肉の盛り合わせ」手前右から時計回りに、雲丹醤油でいただく川岸牧場のサーロインの牛刺身、ザブトンを用いた霜降りの炙り握り、毛蟹と赤身の手巻き、うしごろユッケ

  • 田村牧場の「ヒレステーキ」(14,000円のコースの一例)これで約300g、4人分だ。美味しく焼けるサイズで焼くため、予約は原則4人以上

  • 「究極の黒タン」と「厳選赤身の焼きしゃぶ」厚みのある牛タンは上下の食感の違いを楽しませる。焼きしゃぶの部位はイチボかシンシン

  • 予約は4人からで全員同じコースをオーダー。ワインをはじめ世界の銘酒もそろう

  • 肉はカウンター越しにスタッフがベストな焼き具合に仕上げてくれるから、存分に会話を楽しめて安心

  • おまかせコース15,000円からの一品、特選和牛の塩タン(写真は2人前)には韓国サラダをのせて食する。野菜を巻いて食べた場合のベストなバランスを計算した上での薄切りだそう。すべての焼き物に野菜が添えられて登場するのも特徴

  • 都内でもなかなか食べることができない北海道産のホゲット

  • 北海道や東北から一頭飼いで仕入れる、希少な国産の羊肉

  • 臨場感たっぷりのカウンター

  • 〆には羊肉のカレーも楽しめる

  • ゆったりくつろげるスタイリッシュなカウンター席

  • お皿の上に飾られているのは、いぐち名物である「五葉松」

  • 最高の焼き上がりの極上肉が次々と目の前に!

  • 腕利きの店主が一枚入魂で焼き上げていく『中目黒 いぐち』のシンボルである「五葉松」も鎮座

  • 名酒場のアイコンでもある「コの字カウンター」が美食へ誘う

  • 「和牛 極みの黒タン」ご覧の通り一枚一枚丁寧に焼き上げられていくお肉
    厳選した和牛の黒タンも炭火による絶妙な火入れして、旨味を凝縮した食感抜群の仕上がりに

もどる
すすむ

1/23

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo