オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.14

秒殺で終了…。出会ってわずか10分で、女に「この人はナシ!」と思わせてしまう、男の行動

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、LINEやデートに漕ぎ着けるまでに、まずは“出会い”という最初の関門が待ち受けていることを忘れてはいないだろうか。

初対面であんなに盛り上がったはずなのに、LINEは既読スルー。仮に返事が来たとしても、いつまでたっても前に進まない。そんな経験、無いだろうか?

“出会い”を次のステップに繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


僕が由紀に出会ったのは、友人である智子からの紹介だった。

「俊介さんが好きそうな子がいるから、紹介させて下さい!」

会社の近くまでやって来た智子に、ランチをご馳走している時だった。急に、智子が可愛い子を紹介してくれると言い出したのだ。

「女子の"可愛い"は信用ならないからなぁ〜」

そう冗談半分で言いながらも写真を見せてもらうと、たしかに小動物系で可愛らしく、かつ僕のタイプだ。

「多分、由紀も俊介さんのことタイプだと思うんですよね〜。身長も高くてイケメンだし、今ではこんな立派な会社も経営しているし。彼女作る気ないんですか?」

僕には、多少遊んでいる子はいるものの、ここ最近は真剣に長く交際している子がいない。毎回良い感じになるのに、一歩先に行かないのだ。

「彼女を作る気はあるよ!」
「OK、そしたら来週三人でご飯に行きましょう」

智子の報告によると、向こうも僕がタイプだったらしい。早速、翌週の土曜に食事会が開催されることになった。

しかし最初の印象は良かったはずなのに、次のデートに繋がらないどころか、友達枠にさえ入れてもらえなかったのだ。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo