東カレファッションジャーナル Vol.8

「いい女=ピンヒール」の鉄則崩壊!?“決めすぎファッション”を敬遠する20代女性の足元事情

女性なら、ラップワンピに9センチヒール
男性なら、白パンにセカンドバッグ

東京カレンダーに出てくる男女は、こうした“バブル的なファッション”のイメージが強い。

しかし我々東カレ編集部は、常々疑問を持っていた。

「そんな恰好している人、今いなくない…!?」

そこで編集部は、東カレを連想させるファッションアイテムについて、独自調査をすることにした。

これまでに、ラップワンピ死亡説男の白パンのモテ度数30歳・ミニスカ限界説オフショルが本当にモテアイテムなのか説などを検証してきた。

今週は?

※コメント欄で貴方のご意見をお聞かせ下さい!その際、性別とご年齢をご記述ください。


ピンヒール


歩きづらいと分かっていても、どうして女性はヒールを履くのだろうか。

繊細なヒールの優美さに魅了され、たとえ足元がぐらつこうともヒールを選ぶ。

ヒールの高さは様々あるが、“いい女”と聞いてイメージするようなピンヒールは、大体7cm~13cmくらいのものだろう。

またヒールの種類も多様で、ピンヒールと呼ばれる細いものだけではなく、ヒールの付け根が太めのフレンチヒール、全体的にヒールが太いチャンキーヒール、そして夏の定番ウェッジソールなども人気である。


先が細ければ細いほど、女性の足元は揺るぎやすく、脆くなる。

その脆さに女性の儚さと美しさを見出し、色気を感じられるピンヒールは男女ともに絶大なる支持を得ていたのだ。

しかしここ最近、ピンヒール事情に異変が起きているという。

—ピンヒールは、もう履かない。

そんな女性が増えているというのだ。その噂の真相を追究すべく、今回は女性のヒール事情に迫ってみた。

【東カレファッションジャーナル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo