東大女子図鑑 Vol.10

東大女子図鑑:完璧なキャリア・完璧な結婚。すべて順風満帆だった東大女子に訪れた、最大の試練

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOLや、愛人枠に甘んじる文学少女量産型女子を演じる理三卒女医夫に内緒で別宅を構えるバリキャリハイスペ男しか眼中にない美女短期間で転職を繰り返したバリキャリなどが登場。

さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:石橋 ゆり子
年齢:37歳
職業:外資系コンサルティングファーム パートナー
キー学部:工学部
住居:六本木一丁目
ステータス:既婚、一児の母


久しぶりに気持ちよく晴れた、とある日曜の昼下がり。

『RUBY JACK’S』のテラスでソファにゆったりと寛ぐ石橋ゆり子は一児の母とは思えないほど若々しい。

一目で上質と分かるAラインのノースリーブワンピースをゆったりと纏い、白い細腕でベビーカーを愛おしげに揺らす。

「もうすぐ1歳です。今日はとりわけご機嫌でお行儀が良いですね」

笑顔で我が子を見つめるゆり子からは、幸福が匂い立っている。

彼女は外資系コンサルティングファームでパートナーまで上り詰めたバリキャリだが、現在は育児休暇を取得中だ。

彼女の夫も同業他社でパートナーを務めているというのだから、誰もが認めるハイスペ・カップルと言えるだろう。

「夫は大学の同級生です。私は学部卒業後、ボストンの大学院に留学していたのですが、卒業後は現地で就職しました。そこに彼が日本から転勤してきて、まさかの再会!

それからお付き合いするようになって、そのまま結婚しました」

さすが東大女子、「大学の同級生との再会」までがワールドワイド&ドラマチックだ。

エリート同士の恋愛結婚、幸せな家庭…

一見、誰もが羨む完璧な人生を歩んでいるように見えるゆり子だが、実は、彼女の笑顔の裏には壮絶な過去があったのだった。

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo