東大女子図鑑 Vol.5

東大女子図鑑:夫に内緒で別宅を持つバリキャリ妻。ほぼ別居状態でも離婚はしない、シンプルな理由とは

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOL向上心の塊のような才色兼備愛人枠に甘んじる文学少女量産型女子を演じる理三女子が登場。さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:中西みゆき
年齢:32歳
職業:不動産営業
学部:経済学部
住居:新横浜の賃貸マンション(週1、2日)、明治神宮前の分譲マンション(週5、6日)
ステータス:既婚


セオリーのノースリーブワンピースに、足元はマノロのピンヒール。

肩にかけたエルメスのガーデンパーティからは、書類やiPadが覗く。

シンプルかつラグジュアリーな彼女のファッションは、170cm近い長身と相まって風格すら漂っていた。

表参道『TWO ROOMS GRILL | BAR』に現れた中西みゆきは、まさに“東京のキャリアウーマン”そのものである。


「仕事の合間にここのテラスで息抜きするのが、最近の定番なんです」

梅雨に入ってしまったら寂しいなぁと呟きながらハーブティーを啜る彼女は、しかしどこか妙に艶っぽい。

軽やかなショートボブから覗く、白くて細い首筋のせいだろうか。

「今の仕事は完全歩合制なので休もうと思えばいくらでも休めるはずなんですが...逆にそれだとどうも怠けられないのが、人間の性ですよね」

彼女は現在、富裕層向け高級物件のみを扱う、外資系不動産仲介会社で営業職を務めている。

平日・休日関係なく、顧客から声がかかれば足しげく出向く必要があり、ランダムに入ってくるアポイントメントを捌くのはかなりのバイタリティが求められるそうだ。

「ハードですけど、今の仕事は本当に気に入ってます。新卒では日系の大手メーカーに就職したんですが...今となっては自分がどうしてそんなところを選んだのか、さっぱり分かりませんね」

みゆきは、過去の自分にダメ出しをするかのごとく頭を振った。

それもそのはずだ。

完全歩合でプレッシャーも高く人材の入れ替わりも激しい業界だが、みゆきは入社以来右肩上がりに成績を伸ばし、今では東京オフィスでも1、2位を争う稼ぎ頭だという。

「6年ほど前になるかな。叔父がちょっとした事業で成功して、ハワイに別荘が欲しいと言い出したんです。

それで叔父とともにハワイの不動産めぐりに付き合ったんですが...思いがけずそれが転職のキッカケになりました。

商談中に、なんと仲介会社からスカウトされたんです。

私をスカウトしたのはハワイ支店の担当者でしたが、その後、東京支店で席を用意してくれるという話をもらって、それなら...と転職を決めたんです」

なんというフットワークの軽さだろう。

そして、さすがは東大女子。

転職という大きな決断ですら即座に的確な判断が下せるのは、その頭脳のなせる技だろう。

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo