東大女子図鑑 Vol.3

東大女子図鑑:「私、労働に向かないんです」財政界の大物を転がす女の、浮世離れした私生活

あなたはご存知だろうか。

日本国内最難関・東京大学に入学を果たした「東大女子」の生き様を。

東京大学の卒業生は毎年約3,000人。

しかしそのうち「東大女子」が占める割合は2割にも満たず、その希少性ゆえ彼女たちの実態はベールに包まれている。

偏差値70オーバーを誇る才女たちは卒業後、どのような人生を歩んでいるのか。

これまでには隠れにゃんにゃんOL向上心の塊のような才色兼備が登場。さて、今週は?


<今週の東大女子>

氏名:佐久間沙良
年齢:28歳
職業:無職
学部:文学部仏文学科
住居:汐留のタワマン
ステータス:複数の“パパ”と交際中


『マリアージュフレール 銀座本店』に現れた佐久間沙良は、明らかに異質な空気を纏っていた。

すらりと華奢な手足、背中まである艶やかな黒髪。透き通るほど白い肌に、黒目がちの大きな瞳が印象的だ。

しかし完璧なまでに整ったその顔は、どこか人工的なものを感じさせる。

…それもそのはずだ。

「整形は、毎年少しずつ色々な箇所をしているので...どこをどうと具体的に言い始めたらキリがないですね」

両手で大切そうにティーカップを包み込みながら、沙良はゆったりと微笑む。そして彼女のこれまでについて静かに語り始めた。

「もうかれこれ5年前になるでしょうか…卒業後はほんの一瞬でしたけど、会社勤めをしたこともあるんですよ。

4年生になっても一向に就職活動を始める気配の無い私を父が心配して、とある出版社にコネ入社させてくれたんです。…あ、父は物書きなんですけどね」

そう言って彼女は、ある大物作家の名前を挙げた。

「でも入社して1年もしないうちに辞めてしまいました。

仕事というのを始めて1日目に悟ったんですが...私、“労働”というものに向いてないんですよ」

可憐な笑みを浮かべながら、彼女はそうきっぱりと口にした。

【東大女子図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo