隣のスーパーウーマン Vol.9

「実はあの2人が付き合っていたなんて…」上司と部下の“ヒミツの男女関係”が、社内を混乱に陥れる!

問題児ばかりが集う閉塞的なオフィスに、ある日突然見知らぬ美女が現れたー。

女派閥の争いにより壊滅的な状況に直面した部署に参上した、謎だらけのゴージャスな女・経澤理佐。

理佐は、崩壊寸前の部署の救世主となるのか?


「墓場」と呼ばれる部署に、ミステリアスな女・理佐がやってきた。

派手で超美人な彼女は、お局女性陣・おつぼねーずから早速目の敵にされてしまう。しかし理佐の活躍により、結託していたおつぼねーずはついにバラバラになりはじめたのだった。

そして、以前から噂されていた、経理部長と理佐の関係。2人がコソコソ会議室に入る姿を春菜は目撃してしまうが、真偽はいかにー?


「おはようございます!」

梅雨入りしたにも関わらず、今日は快晴だ。春菜が爽やかな笑顔で挨拶すると、おつぼねーずボス・藤沢陽子はちらりと一瞥をくれただけで、すぐに視線をPC画面に戻す。

春菜の清々しい気分は、一瞬にしてどんよりと曇る。

-ほんと、挨拶とか返事って社会人最低限のマナーだと思うんだけど…。

理佐のもくろみにより、おつぼねーずの結託は失われた。いつもビクビクしていた部内の雰囲気も、これでも以前よりは和んでいる。

理佐が席替えを実行し、ナンバー3の水沢沙織の座席を、理佐と春菜の近くにしたのはつい先日のことだ。

だが残された2人は相変わらず。特におつぼねーずトップの陽子についてはこんな調子で、むしろ今まで以上に態度が悪く、人の話に返事もしなくなってきた。

それに加えて、春菜にはもう1つ気になることがあった。それは、ナンバー2の相沢由美の、理佐を睨みつけるような鋭い目線である。



決算も終わり6月に入ると、業務量は多いものの調整がつけられるようになり、女子会やお食事会に参加できるようになってきた。

久しぶりの同期女子会。今夜は品川の『タカナワ フォレスト ガーデン』で開催された。ようやく仕事が落ち着いた春菜のお疲れ様会を、開放感あるテラスでしてくれるのだという。

「新しく経理部に入った女の人って、部長の愛人で、かなりのやり手だって聞いたけど?」
「営業部の解体って、経理部が仕掛けたんでしょ?」
「経理部の座席が変わったってザワザワしてたわよ。また何かあったの?」

女子の噂は回るのが早い。別部署にもかかわらず、既に同期女子はその噂を聞いているようだ。

墓場の経理部が、また一波乱起こしているぞ、といつも通り他部署から面白がられているのだろう。

すると、気になるワードが飛び出してきたのだった。

【隣のスーパーウーマン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo