今さら聞けないワインの基礎知識 Vol.13

幸せホルモン、肥満予防、更には美肌成分まで!?赤ワインを飲めば、もういいことしかない!

5月病を克服できないままに、梅雨シーズンの到来。そんな大人たちも多いであろうこの季節、やはり気分をアゲてくれるのは赤ワインだった!

科学的根拠に基づいた赤ワインの魅力を、ワインジャーナリストの柳忠之さんに聞いてみた!

Q.もう6月も中旬ですが、5月病が治りそうにありません。どうすればよいのでしょうか。


――柳さん、突然ですが……。

柳「どうしたのモリリン(編集担当の守屋)。ひょっとして愛の告白?」

――んなわけないじゃないですか。じつは私、今回をもって東カレを卒業することになりました。

柳「えっ、まじ? 来月からこの連載どうなっちゃうの?」

――ご心配なく、柳さんのご担当は別の者が務めますから。

柳「でも、モリリンがいなくなったら、編集部も寂しくなるね。」

――でしょ、でしょ。でもそれ以上に私も不安なんです。新しい職場でうまくやっていかれるかと……。

柳「慣れるまでは心配だよね。」

――はい。私以外にも環境の変化に不安を抱く…そんな読者さんって多いんじゃないかと。それで、たまたまこんな記事を見つけたんですが……。

柳「どれどれ? え〜っと、幸せホルモン、愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンはストレスを緩和し、他者とのコミュニケーションを円滑にする。そのオキシトシンの効果を高めるのがポリフェノールの一種のレスベラトロールで、赤ワインに多く含まれている……と。」


――はい、柳さんの教えで悪酔いからも解放され、今や毎晩のように赤ワインを飲んでる私ですから、この記事の内容が真実なら心配の必要はまったくないんですけど。

柳「ここに書かれているオキシなんちゃらはともかく、ワインがコミュニケーションの潤滑油になるのは事実。けれど、それは相手も一緒に酌み交わしての話だから、新しい職場に移ったら、まずは同僚や上司を飲みに誘うことだね。」

――それならノープロブレムです。飲みすぎてびっくりされないかが心配なくらい。

レスベラトロールで鬱知らずついでに美白効果も?


柳「それからレスベラトロールというポリフェノールには、ほかにもいろいろな効用があるよ。

――えっ、たとえば?

柳「まず美肌効果。新陳代謝を促し、新しい肌の細胞を理想的な周期で生み出すので、美しい肌が保たれる。」

――まじですか! 最近、肌から潤いがなくなってきたなって悩んでいたんですよ〜。女性には朗報ですね。

柳「それに90年代の赤ワイン健康法でも話題になった抗酸化作用。悪玉コレステロールの酸化を抑制して血管をきれいな状態に保ち、心臓疾患のリスクを減らすってアレだね。それに関連して肥満予防の効果も指摘されているらしい。ほかにも認知症予防や長寿効果の報告もある。」

【今さら聞けないワインの基礎知識】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo