Fragile Love Vol.4

Fragile Love:オヤジが勝負できる街、新橋。慣れない“星つきフレンチデート”の意外な結末

―俺、何のために頑張ってるんだっけな...。

メガバンクのエリート銀行員・岩崎弘治(40歳)は、最近こんな疑問に駆られている。

仕事はイケイケでも、プライベートでは長年連れ添った妻に逃げられ、特筆すべき趣味もない中年男。

だが、いまいちパッとしない寂しい日々を送る彼の前に現れた美女によって、男の生活はガラリと変わるー?

これは、出世争いに必死に勝ち抜いてきた社畜オヤジに突如訪れた、新橋を舞台に繰り広げられるファンタジーのような純愛物語である。

理由は分からないが、美しい部下・秋月瞳(30歳)にやたらと懐かれ、少々振り回されつつも逢瀬を重ねていく二人。

だが、瞳の気持ちに応えられずヒヨった弘治は、離婚のトラウマを思い出していた...。


―自分のことしか考えてない男ー

離婚時の妻の捨て台詞が、瞳の言葉と被った。

なぜ、二人の女は自分に同じセリフを放ったのだろう。

盲目的に仕事に精を出していたのは、何よりも家庭のためだったはずだ。

そして、瞳と会うためにせっせと食べログで新橋の洒落た店を探し、仕事を早く切り上げる努力をしていたのは彼女のためだった。

それがなぜ「自分のことしか考えてない」となるのか。女という生き物の思考回路が、サッパリ分からない。

―結局、俺みたいな男は、一人で生きてればいいんだな...。

薄暗い部屋のベッドに仰向けになると、胸がチクリと痛んだ。毎晩続いていた瞳とのLINEも、ここ数日は途切れている。

一人には慣れていたはずなのに、誰かがいなくなった後の一人は“孤独”だった。

―...本当に、俺はこのままでいいのか...?

だが、このまま諦めてしまえば、結局自分は離婚から何も進歩していないことになる。

こんな風に女性へのトラウマを抱え、まだ長い人生を一人虚しく送るのだろうか?

弘治はまだモヤモヤする気持ちを奮い立たせ、思い切ってスマホを手に取った。

【Fragile Love】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo