恵比寿での本気のお忍びデートに!大人の隠れ家ワインバーがムード抜群

「会員制」「紹介制」という言葉の秘匿な響きに、否が応でも惹きつけられてしまうのは人の性。

この度、恵比寿の某所に誕生したワインバー『瑠璃』も、完全紹介制という魅惑のお店。その独特のクラシックな雰囲気ともてなしは、まさに大人のための隠れ家だ。

上質なワインと、見事なマッチングを見せる和テイストの料理が味わえ、大切な一人の時間やここぞの時のデートに重宝すること間違いなし。

易々とは足を踏み入れることはできないが、その魅力の一端をぜひご確認いただきたい。


古の“サロン”のような雰囲気の中、ワインを愛する女将がおもてなし

読者の中には、恵比寿のイタリアンレストラン『ALMA』をご存知の人も多いはず。

実は『瑠璃』は、その『ALMA』で10年間マネージャーを務めた西田瑠里氏が女将としてオープンしたお店。

こぢんまりとした店内では、女将がセレクトした、イタリア産をメインとしたワインの数々と、シェフによる和テイストの小皿料理やイタリアンが楽しめる。

アンティーク調で統一された内観は、西洋の自由な風と退廃的な空気が入り混じった大正モダンな趣き。

まさに当時、文化人や知識人が集ったサロンのような雰囲気で、上質なひと時を演出してくれる。

また、店内のウォークインワインセラーからは、好きなワインを選んで購入することも可能だという。

シェフが目の前で腕をふるう贅沢な個室もあり!

より贅沢な時間を過ごせる個室には、なんとプライベートキッチンを完備。シェフが要望に合わせた料理を提供してくれる。

囲炉裏のついたテーブルや夜風が通り抜けるテラスなど、随所に趣向をこらした贅沢な空間で、心ゆくまでお酒と料理を堪能してみては。

※料理イメージ

“バー”とは一線を画す、抜かりない料理の数々も要注目!

フレンチやイタリアンなど20年以上のキャリアを持つシェフによる料理は、ワインとの相性を考え、丁寧に出汁をとった本格的なもの。

日本各地から選び抜いた天然の食材を生かし、軽い酒肴だけでなく肉や魚のメイン料理、パスタといった豊富なアラカルトを揃えている。

しっかり食べたい1軒目のお店としても、しっぽり飲みたい2軒目のお店としても超優秀。そんな気鋭の完全紹介制ワインバー、ぜひ足を運んでみてほしい。

提供するのは自然体な「和の食」。自慢のメニューの一部をご紹介!

小皿3品

価格:5,000円
※ワイン2杯付き

「野菜の煮浸し」
青菜、油揚げ、しめじの煮浸し。昆布出汁をきかせた優しい味わいは、白ワインとの相性が抜群。

「九絵の昆布〆」
こちらの刺身も、醤油でいただくのではなく、ワインとの相性を考え昆布締めに。ふんわりもちっとした食感と、後からくる昆布の風味が絶品。

「真鯛の真子のさっと煮」
今まさに旬を迎える真鯛の卵「真子」をさっと昆布出汁で煮た一品。独特の食感と風味を楽しんで。

「九絵の蒸し煮 イタリア産ピゼッリを添えて」

価格:1,600円

白醤油とほんの少しの塩、昆布出汁だけで味付けしたシンプルな一皿。

高級魚である天然の九絵は漁港から直送され、その新鮮かつ良質な旨味が最大限に引き出されてる。

「島根天然夏鹿のロースト」

価格:1,700円

島根の夏鹿は山の葉やハーブをよく食べるため、肉質がとても柔らかく、ほのかに草の香りが感じられるのが特徴。

丁寧にローストした夏鹿を、瑞々しいカブのピューレとカブの葉のソースと合わせて。

格別な一杯との出合いが、贅沢な夜を演出する

女将がセレクトしたおすすめワインはこちら!

価格:1杯1,000円〜

(右から順に)
・エンリコガッティ フランチャコルタ
・アゾール ロゼ
・ベルテッリ サンマルサン ビアンコ
・サンタマリア バローロ
・モンテラポーニ キャンティ・クラシコ

■店舗概要

店名:瑠璃(るり)
住所:非公開
営業時間:16:00〜25:00
定休日:土曜・日曜・祝日
電話番号:非公開
席数:11席+個室
チャージ料:5,000円(ワイン2杯+おつまみ3皿付)
個室料:2,500円

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo