愛しのドS妻 Vol.1

愛しのドS妻:深夜の修羅場…ドS妻の追及に思わず吐いた、男の苦しすぎる言い訳

−可愛かった妻は、どこに消えた?–

昔はあれほど尽くしてくれたのに。あんなに甘えてくれたのに。

いつの間にかドSと化してしまった妻に不満を抱く既婚男性は、きっと少なくないはずだ。

青山でイベントプロデュース会社を経営する、平野貴裕(ひらのたかひろ)・35歳もそのひとり。

妻である華(はな)とは大恋愛の末に結ばれたはずだが、結婚後5年が経ち、その夫婦関係は随分と冷え切っていた。

そしてついに、破滅へと向かうある事件が勃発する。


深夜の修羅場


−…きて−

ふわふわと、宙に浮いているような心地よさ。

暗闇を浮遊する、その遥か遠くから誰かが呼ぶ声がした。

−ねえ、起きて−

聞き覚えのある女性のものだが、その声色は尋常でなく低い。

その鬼気迫る響きに、貴裕は夢うつつながらエマージェンシーを察知した。

「起きてって言ってるの!」

暗闇を切り裂く叫び声がしたのと、貴裕が咄嗟に防御の体制(腕を顔の前でクロス)をとったのは、ほぼ同時。

想像どおり腕に痛みを感じながら恐る恐る目を開けると、そこにはまさに鬼の形相で自分を見下ろす妻・華(はな)の姿があった。

「な、なんだよ…?いま、何時…?」

窓の外に広がる、青山の夜景。鉛のように重たい体も、時が深夜であることを告げている。

「これ、何?」

貴裕の質問には答えず、華は暗闇でドスの効いた声を出した。

そして氷のように冷たい目を向けると、薄いブルーの封筒を貴裕の前にかざすのだった。

「なんだ、それ…」

そう答えながら、貴裕は思わず目を泳がせる。

−なんで、華が持っている!?

華にだけは絶対に知られてはならない手紙。

しかし今、ソレは容赦無く華の手中に収められている。

−最悪だ。

寝起きの呆けた頭で貴裕ができることといえば、シラを切ることだけ。

しかしそれで引き下がるような華では、もちろんない。

「とぼけないで。こっちはもう全部わかってんのよ。奈美子って、どこの誰」

妻の唇が無機質に「奈美子」と動くのを、貴裕は絶望とともに眺めるしかなかった。

【愛しのドS妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo