ふぞろいな駐妻たち Vol.2

ふぞろいな駐妻たち:駐在3ヵ国目の妻は“格上クラス”。駐妻ヒエラルキーを決める重要条件とは?

駐妻【ちゅうづま】―海外駐在員の妻。

数多の平凡な妻の中で、一際輝くステータス。それはちょっとした幸運で手に入れた期間限定のシンデレラタイム。

彼女たちがこれまでの人生で何を夢見て、何に泣き、何を喜び、何を成し遂げたのか、ここでは誰も知らない。

共通点はただ一つ、夫について、海外で暮らしていること。

駐妻ワールド。

そこは華麗なる世界か、堅牢なる牢獄か。


夫・彬の赴任に伴い、タイ・バンコクで駐妻としての生活が始まった里香子。引っ越しの翌朝、早々に彬の会社のバンコク婦人会から豪華な花束とカードが届く。

それを見た里香子は、8年前、ロンドン留学中に嫉妬に狂った駐妻から衝撃的な電話がかかってきたことを思い出すのだった。

彼女のバンコク駐妻ライフが幕を開ける―。


「里香子! ようこそバンコクへ!」

車を降りると、オープンカフェで雪乃が立ち上がってこちらに手を振っている。里香子はほっとして雪乃に走り寄り、抱き合って再会を喜んだ。

「雪乃、念願の駐妻ライフ、楽しんでるのね!」

里香子は雪乃の姿を眺め、思わず吹き出した。

つやつやと輝く肌やサンドレス、鮮やかなネイルや上品なレザーサンダルからのぞく涼しげなペディキュア。それはまさに駐妻のイメージ通りの装いだ。

ロンドン留学時代の宣言どおり、雪乃の駐妻志望熱は衰えず、帰国後は総合商社の一般職に内定を決めた。

青山学院大学の英文科在学中にロンドン大学に1年間の留学をした雪乃。

その”程よい”学歴に、ベビーフェイスと女らしいプロポーションを最大限に活かして駐妻への道を拓く、とは当時の彼女の弁だ。

その後、周囲が驚くほどの順調さで、社内恋愛を経て結婚。念願かなって、半年前からバンコクに駐在している。

「元気よ、バンコク駐妻は最高!都会だし、マッサージもネイルもし放題。朝、好きな食材買っておいとけばお手伝いさんがリクエスト通りにディナーを作ってくれるし」

「…なんかよくわからないけど、雪乃を見てると、新参者の緊張がほぐれるわ。タイ語教室、申し込んでくれてありがとうね。3か月ごとの開校だから、今日入れてよかった」

里香子が安堵の表情を見せると、雪乃はいたずらっぽく笑う。

「あら?奥様ったら、『新人の洗礼』はこれからよ。最初が肝心。用意はいい?」

そして里香子は、学校が入っているビルのエントランスに促されたのだった。

【ふぞろいな駐妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo