十人十色の麻布十番 Vol.4

十人十色の麻布十番:ランボルギーニの助手席に座っていても、焦りが募る。最前線の港区女子の憂鬱

人は、“麻布十番”という街にどんなイメージを持つだろうか?

港区民が住まうセレブタウン。都内屈指の名店が集まるグルメの街。それとも、庶民的で気取らない、下町風情を残した居心地の良さ?

訪れる人によって、十人十色の景色を見せるこの街。

これは、麻布十番在住の少々奇抜な男女の生態記録である。

これまでは犬を溺愛する美人妻大人の色気漂う“十番おじさん”イケメン外資マーケターを紹介したが、今週は...?


<今週の麻布十番住人>

名前:麻里奈
年齢:27歳
出身:埼玉
職業:PR会社勤務
ステータス:独身
趣味:ワークアウト
好きな店:『ヴィア ブリアンツァ』


『ALLIE』のカウンター席に現れた麻里奈は、“都心の最前線の女”をそのまま体現するような外見をしていた。

スリムな身体に、目鼻立ちが品よく整った綺麗な顔。肌は艶々と輝いているし、シックなミニワンピから伸びる形の良い脚に思わず目を奪われてしまう。

モデルやタレントをしている、と言われても、特に疑問は持たないだろう。

濃いピンクのリップも、さり気なく肩に下げられたシャネルも、27歳の彼女に抜群に似合っている。

「十番の暮らし?もちろん気に入ってますよ。通勤にも遊びに行くにも便利だし、美味しいお店もたくさんあるので」

人懐っこい、可愛らしい笑顔で答える麻里奈。

だが、どうしてだろう。

そう答えた後のほんの一瞬、彼女の瞳は冷たく曇る。

それに麻里奈は、華やかな外見には似合わない、どこかギスギスと尖った空気を放っていた。

「毎日楽しい...ですけど...。最近は、ちょっと悩みも多いかな...」

若さと美貌という女の最強の武器を手にし、仕事も恋愛も充実しているに違いない彼女。

だが話を聞くうちに、そうした“花盛りの女”なりの焦りや虚しさが浮き彫りになってきた。

【十人十色の麻布十番】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo