リスクを嫌う男 Vol.10

リスクを嫌う男:夫の昇進に大きく貢献した美人妻が語る、“男を上げる”女の条件

−保険プランニング−

そのとき、人間の本性が自ずと露わとなる。

三上保(みかみ・たもつ/30歳)は、外資系保険会社の保険プランナー。

垣間見える男女の闇に「結婚は最大のリスクである」と考えを拗らせていく保だが、運命の出会いは突然やってくる。

小悪魔美女・美里に心奪われる保。が、彼女は貯金0円の浪費女だと判明。しかし意外な素顔を知り、内面にも心惹かれていくのだった。

石垣出張から戻った保は、美里の契約を成立させ、ついに初めて一緒にディナーを楽しむ

さらに彼女は次々に保に顧客を紹介してくれ、富山にいる美里の両親にも会いに行くことに。しかしそこで保は、熟年離婚の危機に遭遇してしまう。


思いがけぬ反応


富山から戻った翌日、保はお昼休みを狙って美里に電話をかけた。

「先日、ご実家に伺ってきたんですが…」

そう切り出して、言葉に詰まる。

…まさか、こんな展開になってしまうとは。

美里が自分の両親を紹介してくれ、保は彼女からの信頼(保険プランナーとして、ではあるが......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
関取の嫁、意外〜
もっと謙虚な感じかと…笑
でも美人で気遣い上手、腹が座っていてセンスがある…なんて確かに 男を上げる 条件かなぁとは思う。
2018/04/30 06:1677返信3件
No Name
果たして浪費家なんだろうか?
浪費と自己投資は違う。
2018/04/30 07:0566返信4件
No Name
美里いい女だ。きっと美里みたいな妻なら旦那が起業したりしてもちゃんと支えてくれるんだろうな。
2018/04/30 07:0458返信3件
サリー
この作家さん、スゴイ!
「レースが幾重にも重なった白いドレス」
「上品に唇を動かす五十嵐夫人」
私だったら(ってのもおこがましいですが笑)
「白いレースのドレス」頑張っても「レースが沢山ついた白いドレス」
「上品な五十嵐夫人」もしくは「上品に話す五十嵐夫人」
どまりですなー😥
まるで自分が目の前で見ているかの様に具体的な情景が浮かんでくるよ😌💞
2018/04/30 12:1123
No Name
ライフプランナーとして、美里をヘッドハンティングしよう!
2018/04/30 06:4222返信1件
もっと見る ( 41 件 )

【リスクを嫌う男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo