麻布十番にはムードある焼肉店が多い! 遅い時間からのデートに使える人気店3選

「銀座で鮨」ぐらい、「麻布十番で焼肉」が大人の嗜み。ちょっと遅い時間からってのが一層ツウっぽい。

少し暗くて、ムーディー。女性を連れて行くなら、この位の雰囲気がちょうどいい。

十番らしく、大人なでムード溢れる焼肉店を紹介しよう。


十番のキンタンは艶しかない。この個室では欲望に忠実に従いたくなる
『麻布十番焼肉 KINTAN』

肉質、雰囲気、サービスと三拍子揃った〝東京焼肉〞の筆頭格といえばご存じ『KINTAN』。ワインやサイドメニューも豊富に揃えており、デートでもお食事会でも「絶対にスベらない焼肉店」として、すっかりおなじみの存在だ。

現在は都心を中心に15店舗を展開しているが、遊び慣れた大人が集う街とあって『麻布十番焼肉 KINTAN』には俄然、ラグジュアリーな雰囲気が漂う。メインダイニングのほかに個室が5つ。

+3,000円の室料で、この特別感を味わえるとくれば、費用対効果は抜群!

「神戸牛赤身肉の3種盛り合わせ」¥3,780。トモ三角、クリ、シンシンなど繊細な赤身の風味が楽しめる

ここでいただけるのは極上の神戸牛。ワインの充実ぶりも目を見張る。

目も舌も肥えた大人を満足させる周到ぶりだが、さらなる特別感を味わうためには、2階奥の個室を押さえたい。

真紅に彩られた空間は焼肉店らしからぬ、スタイリッシュさ。シャンデリアの光が妖しい影を落とし、いつも以上に会話が弾むはずだ。

また、食後に外のテラスに出て、雰囲気を変えられるのもイイ。この部屋には、麻布十番の艶やかな夜がばっちりハマる。覚えておけば、大いに重宝するはずだ。

「KINTANの牛肉寿司」(3貫)¥1,580。右から牛タン昆布締め、茹でタン、サーロインと雲丹とキャビア。その他にも、雲丹と和牛の鉄火巻きも人気

個室だけでなく、アンティークな雰囲気のダイニングも人気。お食事会なども頻繁に行われている


商店街のビルの一室。十番を根城にする者はこういう場所にいきつけを持つ
『焼肉やよい』

〝いきつけ〞というのは、時にその人の株を上げてくれる。そこが十番で、しかもひっそりと佇む隠れ家であれば、なお有効だ。

「麻布十番商店街の穴場店」と話題の『焼肉 やよい』は、三重県の鈴鹿市に本店を構え、F1レーサーが贔屓にする店として、地元ではよく知られた存在。

県外初の支店としてオープンした麻布十番店は肉質同様、お忍び感のある雰囲気づくりにもこだわっている。

控えめな看板に落ち着いた照明。ゆったりとしたカウンター席を設けた大人好みの空間では、オーダーが入ってからカットする鮮度重視の肉を堪能することができる。

「塩ロース」¥2,200。常連客がかならずオーダーするという名物メニュー。黒毛和牛の脂の旨みと塩味が重なったロースは後引く美味しさ。オーダーを受けてから手切りするため、肉の鮮度は抜群

名物は、表3秒、裏3秒、さらに返して3秒焼く塩ロース。塩味で肉の甘みがぐっと引き立ち、白米はもちろんお酒との相性も抜群だ。

美味しい肉を味わい、カウンターで語らえば相手との距離が縮まるのは必然。十番で誰かを案内するなら、こういう店を知ってこそ、株が上がるというものだろう。

「ヒレ」¥2,400。三重の焼肉のスタンダードは味噌ダレ。『焼肉 やよい』でも、塩と表記してある肉以外はすべて味噌ダレで提供している

3人以上で和気あいあいと楽しむならテーブル席がおすすめ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo