ネブミ男 Vol.2

手料理写真、裁縫セットに染み抜き…婚活モンスター女の、間違いだらけの“家庭的”アピール

東京に“ネブミ男”と呼ばれる男がいる。

女性を見る目が厳しく、値踏みすることに長けた“ネブミ男”。

ハイスペックゆえに値踏みしすぎて婚期を逃したネブミ男・龍平は、恋愛相談の相手としてはもってこい。

相手を値踏みするのは女だけではない。男だって当然、女を値踏みしているのだ。

そこで値踏みのプロ・龍平に、男の値踏みポイントを解説してもらおう。

これまでに、姫気質な「ワタシ姫」春菜を見てきた。

今週、彼の元にやってきたのは...?


「龍平さん、私が結婚できない理由って何だと思いますか?」

麻布十番にある『桂浜』の席に着くや否や、紗弥加が真剣な表情で龍平に尋ねてきた。

彼女は丸の内で働く28歳。龍平の後輩が、一時期仲良くしていた女性だ。

ちょっとつり目の猫のような顔の、小柄で可愛らしい、典型的なにゃんにゃんOLである。

気配りもできるし、性格もいい。

一見、何の落ち度も見当たらない。見当たらないどころか、もはや結婚していないのが不思議なくらいである。

「紗弥加ちゃんの場合、何でだろう。こんなに良い子なのに」

女性が結婚できない理由をズバリと見抜くネブミ男の龍平でも、この時はまだ分からなかった。

紗弥加は、結婚相手として選ばれそうな女性にしか思えなかったからだ。

しかしこの食事が終わる頃には、紗弥加が何故結婚できないのか、龍平の中で明確な答えが出るのだった。

【ネブミ男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo