デートの答えあわせ【A】 Vol.25

「高ければいいというわけではなかった…」高級店で何度も奢ったのに、女性が振り向かない理由【A】

男女の仲を深めるのに欠かせない、デート。

完璧だったと思ったのに、うまくいかないときもある。私たちはそんなとき、こう考える。

―あの時の、何がいけなかったのだろうか?

あなたはその答えに、気づけるだろうか。

毎回予約が取れない店へ連れて行き、里帆を特別扱いしていた哲也。しかし、里帆は徐々に連れない態度になっていく。

その答えや、いかに。


哲也さんと出会ったのは、知人に呼ばれて参加した、経営者が集う食事会だった。

名前を聞けば誰もが知っているような、有名なアパレルブランドの代表や飲料メーカーのご子息。なかなかのメンバーが集っている。

典型的な港区女子である友人は、慣れた様子で上手に会話を運んでいる。でも私は......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
苦手な人とデートなんてありえない。
美味しいものに釣られて行く女が悪い。
まぁ、取りあえずご馳走になれて良かったよね。
2018/03/25 05:4699+返信6件
No Name
色々言い訳してるけど、普通に港区女子だね。
2018/03/25 06:0999+返信7件
No Name
一人語りさせてたのは貴女であり、貴女の質問力がないからでは?
2018/03/25 05:4199+返信3件
No Name
いや生ハムおいしそうすぎるやろ…
2018/03/25 05:2788返信4件
No Name
つまり最初から全く哲也に興味はなかったって事ですね。
2018/03/25 07:0373
もっと見る ( 121 件 )

【デートの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo