デートの勝率が上がる店 Vol.11

ここで食べなければいつ食べる!? 向かい合って楽しむ“どじょう”デートはワクワク感に満ちている!

  • 薬味箱には七味と山椒がセットされている。江戸では七味を「なないろ」と読むそう

  • 靴を下足番に預けると、番号入りの番札を受け取る

  • 帰りは代済の号札と靴を交換。そんな昔ながらのやりとりも老舗ならではで楽しい

  • 客席は2階と地下にもあるが、ここはやっぱり創業以来の江戸情緒がそのまま残る1階の入れ込み座敷を選びたい

  • 200余年変わらぬ味を守り続ける「どぜう鍋」(1人前¥1,800)。独自の下ごしらえをしているどじょうは、頭から尾まで丸ごと食べられる。一度食べるとクセになる美味しさ

  • 活気あふれる座敷で鍋を囲む。隣の人と会話が弾むケースも多い

  • 珍しい、どぜうの蒲焼(¥2,100)あは、甘辛の酒がススム味わい

  • 旨みがしっかり詰まった、どぜう汁(¥325)

もどる
すすむ

1/11

もどる
すすむ

【デートの勝率が上がる店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo