東京の中心で、地元愛をさけぶ Vol.4

「男性には、尽くす文化やけん♡」なのに食事会で割り勘されたら即帰宅する、博多女子の魔力

「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

これまでに、横浜出身の商社マン・亮太青山出身の新次郎神戸出身の隆之を見てきた。今週は?

【今週の地元愛をさけぶ女】

名前:優子
年齢:27歳
職業:損保会社勤務
年収:480万
出身地:福岡市
現在の居住地:中目黒

結婚するなら“条件の良い人”


「お待たせしちゃって、すみません。」

待ち合わせの『Frames 中目黒』に現れたのは、小柄で可愛らしい、まるで小動物のような優子だった。

「福岡女学院を卒業後、大学進学と同時に東京へ出てきました。今は損保会社でOLをしながら、中目黒に住んでいます。」

東京で言うところの聖心や東洋英和のような、お嬢様学校出身の優子。

現在は絶賛婚活中で、食事会にも頻繁に顔を出しているそうだが、彼女の雰囲気を見れば、男性からの人気が高いことが伺える。

しかし、優子が男性に求める条件は“最低でも”年収1,000万以上稼いでいる人。

「いい人と結婚したい!という思いは強いです。せっかく東京に出てきたわけですし、東京で結婚すると思うと相手に求める条件は必然的に高くなりますよね...」

優子からは結婚に対して強い意志を感じるが、どうしてそこまで結婚や条件にこだわるのだろうか?

「上京している福岡県民は、“一旗上げてやる!”と思っている人が多いんです。東京から九州は遠いですし。手ぶらでは帰れないというか、東京に来たからには爪痕を残そうと、それなりの気合と覚悟を持っている人が多いかも。」

一見おっとりとしているが、話し始めるとハキハキしている優子。そのギャップに少し驚く。

また、夢追いドリーマーも多いという福岡県民。その生態を探っていこう。

【東京の中心で、地元愛をさけぶ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo