天現寺ウォーズ Vol.4

“幼稚舎同士婚”は、お受験合格への通行手形!?慶應幼稚舎妻のお茶会で感じた、圧倒的な格の違い

東京の勝ち組女である“港区妻”には、純然たる階級がある。

頂点に君臨するのは、生まれ育った東京で幸せに暮らす、生粋の“東京女”。

一方でたった一人で上京し、港区妻の仲間入りを果たした女たちもいる。元CAで専業主婦の桜井あかりも、その一人。

CA仲間だった東京出身の玲奈と百合が、実は着々とお受験準備をしていると知り、地方出身の自分との格差を感じるあかり

信頼する友だち・凛子から慶應幼稚舎の魅力をきき、さらに紹介された教室で出会った美貌の教師・北条ミキに勧められ、受験を決意。

玲奈と百合に受験することを伝えると、東京出身の二人は今まで見せなかった一面を見せ、あかりの受験に対する認識の甘さをつきつけるがー。


「本日からお世話になります、桜井と申します。息子の旬ともども、よろしくお願いします」

教室の初日、差し入れを手に北条邸に着くと、凛子がリビングで子供を待つ2人の女性を「こちら由衣さんと理沙さん」と紹介してくれた。

2人とも、髪も肌もよく手入れされていて、とても園児の母親と......


【天現寺ウォーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo