天現寺ウォーズ Vol.2

天現寺ウォーズ:受験前に“当確”キッズを把握!?地方出身妻が愕然とした、東京妻との情報格差

あなたは、知っているだろうか。

東京の勝ち組女である“港区妻”に、実は純然たる階級があることを。

その頂点に君臨するのは、生まれ育った東京で幸せに暮らす、生粋の「東京女」である。

一方でたった一人で上京し、港区妻の仲間入りを果たした女たちもいる。元CAで専業主婦の桜井あかりも、その一人。

東京女を相手にあかりが挑むのは、港区妻究極の総決算。それは、慶應幼稚舎受験であった。

CA仲間だった玲奈と百合が、当然のようにお受験準備をしていることを知り、東京の富裕層出身の二人との違いに愕然とするあかり

信頼する友達、凛子から、慶應幼稚舎の魅力をきき、初めて強い興味を持つが―。


「それでね、昨日CA時代の同期と“受験”の話になって。今まできいたことなかったけど、彼女たちは幼稚舎と東洋英和出身だから、実はすごく熱心に準備してたみたいで、正直びっくりしたの」

あかりは、話のついでというふうに“受験”という単語を口にした。

今日はクリスマスバザーに出す手芸品を作るため、同じ幼稚園の母親たちと集まっている。このような集まりは週に1度はあり、その帰りにはランチへ行くのが常だったが、これまで受験の話はほとんど出なかった。

いつも一緒にいる幼稚園の友達が、水面下でお受験の準備をしているのか、どの程度熱心なのか。あかりは確かめたかったのだ。

「幼稚舎出身!英和出身!羨ましいなあ。あかりちゃんのお友達すごいねえ、CA時代のお友達?」

「あ、うん、でも二人は東京生まれの東京育ちだから…」

―私とは、違う。

そう言いかけて、あかりは小さく唇をかんだ。違わない、そんなに違わないはずだ。

「幼稚舎狙いだったら、もうすでにご挨拶に行ってるだろうし、あかりちゃんに話すくらいだから勝算あるんじゃない?」

今はバーキンを持ち、地味色のセルジオロッシを履きこなしているけれど、メイクの仕方や小物の趣味から派手さが残るルリがオーナメントを縫いながら言う。

裁縫が苦手でも、この幼稚園にいると毎月何かしら作らされるため、一通りのことができるようになってしまうのだ。

「やっぱり幼稚舎受験に、“ご挨拶”って必要なのかな?」

あかりの言葉に、そこにいた5人が全員あかりの顔を見た。

【天現寺ウォーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo