裏切られた妻たち Vol.2

裏切られた妻たち:夫の浮気疑惑に、だんだん頭が支配されていく…。妻が取った、大胆な次の一手

一見、何の問題もなく幸せそうに見える仲良し夫婦。

けれども彼らの中には、さまざまな問題を抱えていることが多いのだ。

「あなたの旦那さん、浮気しています」

仲良し夫婦だと思っていた北岡あゆみ(32歳)のもとに届いた一通のメール。

怪しんだあゆみは、家でさらに、覚えのないレストランのレシートを発見してしまう。


12月23日、土曜日。

レシートに記載されたその日、あゆみの夫である樹は、確かに「男友達と忘年会」と言って出かけたはずだ。しかし、このレシートが示しているのは、 レストランでの二人分の食事。

ーこれは一体、何…?樹が嘘をついたっていうこと……?

樹はその日の朝方、あゆみが寝ている間に帰ってきたが、たまにあることだったので、特に気にしてはいなかった。けれども…。

ー私を心配させないためについた嘘かも。仕事でお世話になった人にお礼をしたとか、昔の友人とたまたまだとか…。それに、レストランに行っただけでは浮気したかどうか分からないし…。

なんとか自分に言い聞かせようとするが、やはりどうしても“浮気”の2文字が頭から離れない。

あゆみはそれから夢中で他にも怪しい物はないか、上着のポケットやゴミ箱、その他思いつくところを探し回ったが、結局何も見つからなかった。

ー1度証拠を見つけたら、知らなかった日にはもう戻れないから…。

紀子から言われた言葉が頭に響く。彼女は一体、どんな思いでこの言葉を言ったのだろうか?

考えれば考えるほど怖くなり、その日は樹が帰ってくる前に寝てしまった。



翌日の朝、早く目が覚めたあゆみは、これからどうしようかと考えていた。

ー自分がこんな風になるなんて…。

あゆみはこれまで、恋愛において、あっさりした方だと思っていた。恋愛に深くハマるタイプではなかったし、もし付き合っている人に浮気をされた時には、別れれば良いと思っていた。

友人達が彼氏の浮気で悩んでいた時も、「浮気が本当かどうか確かめてみて、本当なら、もっと自分を大事にしてくれる人と幸せになるべき」などとアドバイスをしたものだ。

けれど、いざ自分が同じ立場におかれて初めて、友人達が別れられずに悩んで苦しんでいた気持ちが分かった。

ー皆、相手のことが好きで信じていたからこそ、真実を知るのが怖いし、簡単に別れを選択できなかったのね…。

あゆみがフゥッとため息をつき、冷蔵庫から水を取り出そうとした時、樹が起きてきた。

「おはよう、今日も早いね。」

「あ、うん…。」

あゆみは何とか返事をするも、樹の顔をまともに見られない。樹がいつものように話しかけてきたが、避けるように洗面所へと逃げてしまった。

ーどうしよう……。このままじゃダメだ。

そう思ったあゆみは身支度を整え、「ちょっと用事があるから」と言って、そそくさと家を出た。

【裏切られた妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo