誰にも見つかりたくない夜はココ!港区で遊ぶなら覚えておきたい秘密の隠れ家5店

さあ、2018年もそろそろ通常営業モード。今年も港区で飲もう!

大人なあなたへ、しっぽりと愉しめる、秘密の隠れ家をご紹介。

今年のデートはじめには、こっそり二人だけになれるこんな店へ!

大人が焼鳥を楽しむには、空間も大切!

麻布十番で焼鳥ならここ!
『麻布十番 がいがい.』

夜の闇に溶け込んでしまいそうな黒い石に覆われた外観。その片隅に『がいがい.』の文字が灯されている。

明け方まで上品な和食がオーダーできるここには、夜な夜な舌の肥えた大人たちが集う。

品書きをめくれば、稀少な日本酒を中心に、和酒、洋酒が満遍なく揃い、旬の薄造りから〆に相応しい蕎麦まで至れり尽くせり。

だが、主役はあくまで焼き鳥。繊細な技に魅了されつつ、すべてを委ねればいい。

比内地鶏のもも、甲州赤毛鶏のレバーなど三大地鶏が揃う

昔ながらの製法で、石臼で挽き手打ち・手切りする。自家製かえしと出汁の効いたつゆ、藻塩と日本酒仕込み水の塩蕎麦の2つの味で。手打ちざる蕎麦

辛子酢味噌やニンニク醤油など、最適な薬味を添えて。刺身盛り合わせ

食通が足繁く通う、都内随一の鯨料理
白金高輪『うずら』

昭和48年創業。2008年に麻布十番の裏道から四の橋に移転した。大人のごちそうといえる鯨料理専門店として愛されている。

馴染のあるベーコンや赤肉に加え、真っ白な尾羽の「さらしくじら」、顎骨を覆っている「鹿の子」といった希少部位までいただける。

名物のはりはり鍋は、下味をつけ片栗粉をまとわせた赤身肉、水菜、油揚げの取り合わせが絶妙。より旨みがでるよう、鯨の「コロ」も入っている。夫婦2人で切り盛りするため1日3~4組が限界。訪れる前には必ず予約を。

鰹と昆布でダシをとり、生姜を効かせたスープも秀逸で箸が止まらない。はりはり鍋1人前

シンプルな店内。座敷席もある

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo