銀座4丁目交差点でサクッとディナーに迷ったら、袋小路に潜むこちらのビストロ一択!

銀座でディナーをする際、意外に困るのが、ちょうど良いお洒落なお店が少ないこと。

高級店に行くほどでもないし、かといって、コリドー街のような賑やかな場所もちょっと違う…。

特に銀座の4丁目周辺には、そういった小洒落た店はないかと思いきや、実はあった!

こちらの『GRAMERCY TABLE』は銀座5丁目の袋小路に潜む、隠れた人気店。

例えば、後輩を食事に連れていく、なんてシーンにぴったりハマるお店だ!


新しい発見に出会える、NY仕込みのフレンチ
『GRAMERCY TABLE』

各ジャンルの美食が密集する銀座だが、遅い時間に本格的な料理が味わえる店はひと握り。

等身大で気兼ねなく、レベルの高い料理を味わいたいなら、銀座4丁目交差点から徒歩3分ほどで行けるこの隠れ家的ビストロに決まり。

場所は銀座5丁目の袋小路。歴史を感じるカラフルな看板が目印だが、看板にお店の名前は載っていない。

『東京園』『中華三原』など、昔ながらの名店ばかりかと思っていたら、その先に路地に似つかわしくない、洒落た外観が見えてくる。

こちらでは、カジュアルな雰囲気で極上のフレンチがアラカルトで楽しめる。

活気や躍動感が伝わってくるオープンキッチン。オーナーソムリエとシェフの2人で切り盛りする

この灯りに引き寄せられる人も多い。人気なので、予約は必須だ

「常に新しい食のトレンドを生み出すニューヨークのグラマシー地区にありそうなレストランを具現化しました」と、NYの星付きフレンチやビストロで研鑽を積んだオーナーソムリエの神谷和誠さん。

夜、訪れると、周囲の昔ながらのお店とは対照的に、フィラメントの灯りに包まれたアットホームな空間が見えてくる。

「仔羊のロースト芽キャベツとベーコンのロースト添え」¥2,800。火入れが秀逸

料理は、フレンチの技法をベースに、先鋭的なエッセンスを注入。グレイビーソースにコーヒーを合わせるなど、どれも骨太な味わいなのにキレがある。

ポーションも大きく、男性でも満足できること間違いなし。その絶妙な料理センスに惹かれ、違いのわかる大人たちが次々とリピーターになっていく。

スタッフはオーナーソムリエとシェフがメイン。親密な接客もまた嬉しく、思わず帰り際に訪れたくなる雰囲気だ。

こういう店が潜んでいるから、銀座はまた面白い。

トリュフの角切りとペースト、ジャガイモを包み込んだ贅沢な「トリュフオムレツ」¥1,800は、不動の人気メニュー

サバとフォアグラの炊き込みご飯は、脂が美味しい

本日発売の月刊誌「東京カレンダー2月号」は一冊すべて、銀座特集!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!

今こそ私たち世代の手に銀座を取り戻そう!そのヒントが最新号「東京カレンダー2月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は12/21(木)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo