恋の大三角形 Vol.2

恋の大三角形:女の勘を侮るなかれ。彼の普段と違う言動に、彼女が仕掛けた罠

東京を生きる女たちは、もう気がついている。

「素敵な男の隣には、既に女がいる」という事実に。

自分が好きになるくらいの男を、他の目ざとい女たちが見過ごすはずがないのだ。

旅メディアで働く彩花(26歳)は、取材先のスリランカで知り合った商社マン・洋平(30歳)と運命的な出会いを果たす。

しかし彩花は彼の言動から、敏感に女の存在を感じ取っていた。

−そう、洋平には、付き合って2年になる彼女・繭子(29歳)がいるのだ。


繭子side−29歳の憂鬱


「味付けは、粒子の大きい砂糖から。次にみりん、塩分は味見しながら、最後に少しずつ足していきます」

無条件に心が和らぐ、優しい出汁の香り。

その間を漂うようにして、講師の女性の声が滑らかに届く。

隣で優奈(ゆうな)が「ああ、いい香り」と微笑むのに頷きながら、私は手元に配られた“冬瓜と鶏肉の煮物”レシピの隙間に急いでメモを走らせた。

大手不動産会社の秘書部で働く私は、同僚の優奈と、10月からここ神楽坂『一二三庵』の日本料理教室に通っている。

二つ星を獲得した店主が和食の基本を教えてくれるとあり、花嫁修業に最適だと、数々の雑誌で取り上げられている人気の教室だ。

とはいえ私も優奈も、結婚の予定が具体的にあるわけではない。

「繭子、洋平くんとはその後、どうなの?」

帰り道、優奈が探るような目で私を覗き込んだ。

「…うーん、なんとも言えない」

唸るように私が答えると、優奈は心配そうに、しかしどこかホッとしたような表情を浮かべて視線を逸らす。静かな路地に冷たい風が通り抜けて、それが私の心を一層、寒々とさせた。

−洋平と、30歳までに結婚する。

そう信じて、疑わなかったのに。気づけば刻一刻と、その時は迫っている。

小さくついたため息が白く浮かぶのを見つめながら、私は2年付き合ってきた彼、洋平のことを想った。

【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo