私たち、騙された? Vol.7

エビの輸入に、一生を捧げていいの…!?大手商社に潜む、“背番号制”という配属リスクの罠

「大企業に入れば、一生安泰」

昔からそう教えられて育ってきた。

有名大学を卒業し、誰もが知っている大企業に入社。

安定した生活を送り、結婚し子供を育て、定年後は年金と退職金で優雅に暮らす。それが一番の幸せだ、と。

丸の内にある大手総合商社に勤める美貴(26)も、そう信じてきたうちの一人。

モヤモヤしながら仕事をしている現状を変えたいと奮起して転職エージェントとの面談に臨んだ美貴だったが、一般職の経験への評価に愕然とする。

大企業ブランドが通用しない転職市場の厳しい現実を前に悩む美貴。そんな時にシンガポール駐在から帰国した同期の潤と再会し…?


“The商社マン”オーラを身につけた男


「潤、1年目の時とは全然違う…!」

シンガポール駐在帰りの同期である潤が『セラフィナ ニューヨーク』に現れた時、美貴はその堂々としたオーラにハッとした。

お店に現れた潤の装いは、濃い目の青ストライプシャツに紺のパンツ、手入れされた黒の革靴。潤の堂々とした姿から、自信が伝わる。

仲の良かった同期といえども、話すのは約3年ぶりだ。

また、昔「付き合うのも時間の問題」と噂された相手と会うことに、美貴に変な緊張感が走っていたが、潤の堂々とした立ち振る舞いに目を奪われ、その緊張もどこかへ飛んでいった。

この間、ばったり会社のエレベーターで会った時はなんとなく気まずく、そそくさとエレベーターを降りてしまい、ちゃんと見ていなかったが、潤は既に入社4年目とは思えない“The商社マン”のオーラを纏っていた。

「潤、すっかり“商社マン”って感じだね。同期とは思えないよ。」

美貴の純粋な驚きが言葉に出た。

「そう?まぁ、そりゃシンガポールでビシバシ鍛えられたからね〜!」

潤は入社時、コーポレート部門の審査部に配属された。日本では事業投資案件のリスク審査や財務分析を担当し、本人の熱望もあり、2年目の終わりにシンガポールに研修生として派遣された。

「シンガポールで働けて、本当に良かったよ。俺はラッキーだ。」

【私たち、騙された?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo