デートの答えあわせ【A】 Vol.5

男が勘違いしがちな“無駄な優しさ”。メニュー選びに潜む罠:デートの答えあわせ【A】

これまで3カ月にわたり、男性とのLINEのやりとりを厳しくジャッジしてきた女性たち。

しかしそれはLINEだけでは終わらない。次のステップ、「デート」でも同様だ。

LINEよりも難易度が高い『デートの答えあわせ【A】』で、その本音を探っていこう。

初回のデートで「もう一軒行こう」と萌花の方から誘われた孝之 。しかし2回目のデートで態度が急変し、実らぬ恋となった。

その答えや、いかに。


孝之さんはIT系の人たちの間では知らない人はいない、有名な若手起業家だった。

だから食事会に来た孝之さんを一目見て、私は速攻で狙いを定めた。

「孝之さんは、何をされているんですか?」

ちょっと白々しく聞いてみるものの、人の良い孝之さんは丁寧に答えてくれる。

「名もなきベンチャー企業で働いてるよ。アプリを作ったりしている会社なんだけど、知ってるかな?」

できる男性に限って、謙虚である。

このチャンスを逃してはいけないと咄嗟に頭の中でセンサーが鳴り、私はこっそりデートの約束をこぎつけた。

「ほぼ同じ業界ですね。じゃあ今度、デートしましょう!」

こうして、私は今をときめく起業家とのデートに行くことになった。

しかしどんな素晴らしい肩書きを持っていたとしても、それが男性としての魅力とイコールではないことを、私は彼とのデートで痛感することになる。

【デートの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo