先週のアクセスランキング!1位は「寿退社したものの:夜、夫と娘を置いて向かった先。母となった女が密かに平穏を得る場所」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“寿退社したものの”に“恋愛中毒”から“純朴男の寸止め地獄の秘密”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
寿退社したものの:夜、夫と娘を置いて向かった先。母となった女が密かに平穏を得る場所

しんと冷えた夜の空気は、何故だか心地良かった。涙を拭いて、適当な靴で外に出る。志穂は、ただただ歩いた。行き先などない。頬に当たる風を感じながら、ただひたすら歩くのだ。

時間にして、5分もなかったかもしれない。カッとなっていた志穂は、そのうち憑き物が取れたように落ち着きを取り戻していた。最寄りのコンビニまでたどり着く頃には、自分の気持ちが随分とスッキリしていることに気がつく。

「私、一体何に対してイライラしたの…。」

続きはこちら

★第2位
2人きりで食事に行くことの意味。女性がデートの誘いに乗った本当の理由とは?デートの答えあわせ【A】

「今度、もしよければ食事でも行きませんか?」

ストレートで、スマートな誘い方。一瞬何と答えて良いのか戸惑ったけれど、私はすぐにこう返事をした。

「もちろん、喜んで。」

それ以外の答えは、咄嗟に思い浮かばなかった。しかし後々、私はこの返事を後悔することになる。健太さんと私の考える“デート”の定義が、ここまで違うとは想像していなかったから...。

続きはこちら

★第3位
恋愛中毒:「裕福な生活なんか、いらない。」恋に狂った人妻を現実に引き戻した、衝撃の事実

―プルルルル

背後で、家の電話が鳴る。きっと、宗一が自分の様子を確認するための連絡だろう。無視したい気持ちに駆られるが、事を荒立てないため、しぶしぶ受話器をとる。

「...なっちゃん...、大丈夫なの...?」

しかし相手は夫でなく、かつての親友である美加だった。

続きはこちら

★第4位
逃した魚は、大きかった・・・!?3年で変貌を遂げた元彼に、焦りを感じた商社OL

別れてから数年経っているが、その誘いは素直に嬉しかった。ベンチャー勤めの彼との将来が考えられず別れてしまったが、決して嫌いになったわけではない。別れてからも何度かタクヤのことを思い出すことがあった。

それに将来のことなんて何も考えてなさそうだったタクヤが、世界的に有名なIT企業に転職したと聞き、どんな変貌を遂げたのだろうという焦りと興味もあった。

優太への罪悪感はあったが、タクヤと今さら何かあるとは思えないし、ただ食事をするだけ、と自分に言い聞かせた。美貴は仕事を終えると、足早に麻布十番に向かった。

続きはこちら

★第5位
「俺、君のことが...」5回もデートしてるのに、ナゼ告白されない?純朴男の寸止め地獄の秘密

「ごめん!仕事が結構忙しかったのと、正直、麻里ちゃんみたいな人が俺なんかと本当にまた会ってくれる自信もあんまりなかったんだ。でも、そんな風に言ってくれるなんて...」

二人は顔を見合わせ、くすくすと笑い合った。会うのがたったの2回目だなんて信じられない。それくらい穏やかでほのぼのとした空気が二人を包む。

―やっぱり、優樹くんとの出会いは運命なんだわ...。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo