私たち、騙された? Vol.3

逃した魚は、大きかった・・・!?3年で変貌を遂げた元彼に、焦りを感じた商社OL

「大企業に入れば、一生安泰」

昔からそう教えられて育ってきた。

有名大学を卒業し、誰もが知っている大企業に入社。

安定した生活を送り、結婚し子供を育て、定年後は年金と退職金で優雅に暮らす。それが一番の幸せだ、と。

財閥系の総合商社に勤める美貴(26)も、そう信じてきたうちの一人。

大学の友人エミリに、自分の現状を「もったいない」と言われ、戸惑いを隠せない美貴。追い打ちをかけるように、元彼・タクヤの外資系IT企業への華麗なる転職を知る。

3年ぶりに再会するタクヤは、一体どんな変貌を遂げているのか…?


上司の「自分本位」さが露呈する大企業の人事異動


「藤川さんは、11月から法務部に異動となりました」

辞令発令日、部長の部内アナウンスがフロア全体に響き渡った。

藤川さんは42歳。正義感に溢れ、仕事もできると評判の人だった。上司にも真っ向から意見し、物言う姿勢は若手社員からの人望を集めていた。

しかし、部長にとっては目障りな存在だったのだろう。

大企業では常に上司に従い、理不尽なことにも耐え続ける「忠犬」のような人が昇進することが多い。悪く言えば、「Yesマン」だ。

今でも背番号制が続く商社において、本人希望でない人事異動の対象となるのは、大抵人員削減の対象となった人か上司に気に入られなかった人、のどちらかだ。藤川さんは後者である。

―美貴、藤川さんが異動だなんて…ショックだな。

同期の智樹が、社内チャットを送ってきた。

智樹は昨日も飲み過ぎたのか、目が腫れぼったい。席は少し離れているが、コーヒーと栄養ドリンクを飲んで眠気を我慢しているようだ。

二人が所属する自動車第二部はトレードビジネスが主で日々の出荷量も多いため、総合職は連日残業が重なり、疲弊している。接待がない日も残業後に社員同士で飲みに行っているので、結局毎日飲んでいるようなものだ。

智樹からのチャットが、立て続けに届く。

―藤川さんみたいに仕事ができる人でも、結局こうなるんだな。
―俺も異動させられないように気をつけないと。

京大ラグビー部出身の智樹は、「文武両道」を体現したような存在で、同期の中でも入社時から期待されていた。

あれから3年が経った今、明らかに智樹からは覇気がなくなっている。入社当初は仕事にも精力的に取り組み、夜は意気揚々と「お食事会」に繰り出していたのに。

【私たち、騙された?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo