新婚クライシス Vol.1

新婚クライシス:独身時代と、何も変わらぬ夫婦生活。“結婚願望のない男”を攻略した女の誤算

また、私だけ置いてけぼり?


「わぁ、可愛い~!!」

休日の昼下がり。

英里は友人の咲子と、萌の自宅にお邪魔することになった。

咲子は玄関に入るなり、萌の腕に抱かれた赤ん坊の可愛らしい姿に歓声をあげる。萌は、つい先日母親になったばかりだ。

よって、最近三人はもっぱら萌が暮らす広尾のヴィンテージマンションに集合している。

「散らかっててごめんね。旦那は出かけてるから、ゆっくりして」

部屋着に薄化粧で小さな娘を抱く萌は、すっかりママの表情をしている。といっても、すっきりとした美人顔はそのままで、母性が加わったぶん、女性としてさらに魅力を増した。

萌が言うほど部屋は散らかってはいなかったが、そこはおもちゃやベビー用品で溢れていた。加えて、家中のあちこちに飾られた多くの家族写真を、英里はついついじっと眺めてしまう。

結納、結婚式、ハネムーン、マタニティフォト、そして、新生児を囲む夫婦の写真。

吾郎の無機質なタワーマンションの部屋とは180度異なり、萌の家は、温かい生活感と家族愛が滲み出ていた。


―普通の夫婦は、こうやって思い出と記念写真が増えていくんだわ...。

比べてはいけないと思いつつも、英里にはどうしても、胸が軋むような苦い感情が湧いてしまう。

「英里は結局、結婚式はしないの?」

そんな英里の心境など露知らず、親友二人は笑顔で問う。

「うーん...吾郎くん、やっぱり結婚式には否定的だから......」

「そんなの、一生に一度のことなんだから、少しくらい我儘聞いてもらった方がいいわよ!吾郎先生だって、もう英里の旦那さんなんだから。いつまでも遠慮してちゃダメよ」

咲子の意見に、萌がうんうんと強く頷いている。

独身時代、英里は結婚願望のない吾郎と結婚するため、さんざん試行錯誤を繰り返した。咲子と萌はその間ずっと、愚痴や相談に根気強く親身に付き合ってくれていた。

二人の支えや協力なしには、結婚はできなかったと言っても過言ではない。

そんな彼女たちに、またしても新婚生活に悩みを抱えているなんて、どうして言えるだろうか。

あれだけ周囲を振り回して結婚に踏み切ったのだから、英里と吾郎はハッピーエンドでなければならないのだ。

「ところでね...」

手土産に持参した千疋屋のフルーツゼリーを片手に、咲子がニコニコ微笑んだ。

「私...妊娠したの。三ヶ月だって、つい先週判明したの」

ーうそ?!うそ?!きゃー、おめでとう!!...

萌が歓喜の声を挙げるのが、少し遠くに聞こえた。

―また、私だけ置いてけぼり...?

結婚は、ゴールではない。

英里はこの瞬間、頭では分かっていたはずの事実を、嫌というほど痛感した。


▶NEXT:11月18日 土曜日更新予定
吾郎と英里の“ズレ”が、徐々に明るみになっていく...?

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
やっぱり、きんちゃんにしとくべきだったか…。。
2017/11/11 06:3299+返信7件
No Name
続編やったー!
と言いたいが、吾郎と英里の話は面白かっただけに、この続編がどうなるかなあ
面白くなって欲しいけど
続編といえば、崖っぷち結婚相談所の杏子のその後も気になります。
2017/11/11 06:3698返信4件
No Name
そもそも、無理して結婚してもらったんだから、これ位、仕方なくない?わたしは、朝ごはん作るの嫌なら、嫌と言える対等さが、結婚には欲しい。
2017/11/11 06:2192返信4件
No Name
健気な妻はワガママ旦那に振り回される。
弱気な夫はワガママ悪妻に振り回される。
ワガママな人間って、何故かそれを許してくれる人を犠牲にして生きてますよね。
2017/11/11 07:2661返信3件
No Name
妻が夫に対して「結婚してくれた」っていう、ある意で夫を上に感じる結婚をすると、確かにその先がつらそう。(逆に、夫が妻に対して「結婚してくれた」って感じる結婚なら逆に順調に進むケースが多いかも)
2017/11/11 07:0755返信2件
もっと見る ( 111 件 )

【新婚クライシス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo