年内婚約 2017 Vol.6

“結婚できるイイ男”を探すのは、至難の業。女が利用すべき最良の男とは・・・?

―私、年内に婚約するー

都心で煌びやかな生活を送る麻里・28歳は、ある日突然、こんな決意を固めた。

というのも、麻里は気づいてしまったのだ。

“女は30歳過ぎてからが魅力的?年齢を重ねるほど、色気が増す?”

女の市場価値を冷静に受け止めれば、20代で結婚した方が絶対お得に決まっている。

掲げた目標は“今年中にプロポーズされる”こと。ヤバい元彼に3年間も費やした麻里は本気の婚活を決意したが、優良物件の外銀男広告マンとのデートはうまく行かず、元彼に心なびくものの「結婚」という言葉を出した途端、引かれてしまう。


―俺はもう結婚はしないし、残念だけど身を引くよー

サトシの放ったこの一言が、麻里の頭の中で何度も反芻される。

麻里自身、サトシのような破天荒な男との将来なんて考えたことはなかった。

出会ったのは24歳の若かりし頃で、麻里は彼の少々ネジの外れた“ザ・港区感”が単純に面......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
結婚自体が目的化して、何の為に結婚するかが腹落ちしていないように見えます。この場合、結婚しても、こんなはずじゃなかったということになりそうな気がします。
2017/09/18 00:5818
No Name
今更だけど、まだ相手に出会ってもいないのに年内婚約って無謀な気が笑
2017/09/17 18:2015
こじ
既婚男の紹介…良い人な気がしない。しかし、この先のストーリーが気になります。
2017/09/17 10:2210
No Name
ガツガツしすぎ。
みっともない。
そんな男しかつかめないなんて、性格問題ありかも。
2017/09/17 23:278
No Name
みゆきの指摘が的確だった。。
2017/09/18 22:432

【年内婚約 2017】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo