年内婚約 2017 Vol.2

年内婚約 2017:紳士で真面目な外銀男と、恋の予感。“超優良物件”なんてウマい話はあるのか?

―私、年内に婚約するー

都心で煌びやかな生活を送る麻里・28歳は、ある日突然、こんな決意を固めた。

というのも、麻里は気づいてしまったのだ。

“女は30歳過ぎてからが魅力的?近年、年齢を重ねるほど、色気が増す?”

そんなの、絶対にウソである。

女の市場価値を冷静に受け止めれば、20代で結婚した方が絶対お得に決まっている。

掲げた目標は“今年中にプロポーズされる”こと。3年間をヤバい元彼に費やしてしまった女の本気の婚活が、今、はじまる。


「肩甲骨を大きく動かして、身体の代謝をあげていきましょう...」

麻布十番の溶岩浴ヨガスタジオで、大量に流れる汗を拭いながら、麻里は心地よい爽快感に浸っていた。

年内婚約という目標を掲げたため、毎晩のようにお食事会やらデートで外食が続いているが、今日のように予定のない休日の昼間は、ヨガを2レッスン受けてデトックスすると決めている。

鏡の近くのスペースを陣取り、麻里はスポーツブラにレギンス姿の自分の身体を念入りにチェックする。

モデル並みのスタイルとは言わないが、一般人としてはかなり上澄みの体型を保っているはずだ。ヨガでむくみはすっかり取れ、手足ウエストが女性らしいイイ感じのラインを描いている。

大量に発汗したことで、肌艶の具合も抜群だ。すっぴんでこれだけ肌の美しい28歳の女も珍しいのではないだろうか。

決して、自惚れているわけではない。

実際に麻里は、先週は計8回も出会いの場に赴き、10人もの男たちから誘いを受けていた。

【年内婚約 2017】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo