麗しの35歳 Vol.6

35歳・婚活の過酷な現実。苦しむ独身女子を救った、魅惑のジャンヌダルク

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?


外資系ラグジュアリーブランドで働く部下の周平は、恭子にそっと想いを寄せ、それに気づいてしまった元彼女・瑠璃子は気が気でない。

一方、恭子に敵対心を抱く独身の理奈は、食事会で料理上手をアピールすることに成功し、勝利を確信していた。


「理奈さん。ディレクターと恭子さんの噂って、嘘ですよね?」

『青山 川上庵』でのランチタイム。周平君が珍しくランチに誘ってきたと思ったら、さっきから一方的にずっと恭子の話ばかりしている。

「さあ、そんなの知らないわよ。自分で本人に聞いたら?」

私の冷たい物言いに驚い......


【麗しの35歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo