港区遊び方委員会 Vol.6

彼の年収を大声で自慢する愚かな女子がいる限り、港区民は個室を愛す

あなたの遊び方、間違っていないだろうか?

大人になり、ある程度の経済力を手にすると、遊び方の流儀が問われるようになる。

酸いも甘いも経験し、東京で遊び尽くした港区民たちの、次なる遊び方。

彼らの最新事情を、飲食店経営者であり港区おじさんジュニアと呼ばれる剛(32歳)が探っていく。

これまでに、パーティールームで興じるトランプの楽しさや、タクシー代は渡さない新ルール世界中どこでも通じるネットワークの強さなどを学んできた。

さて、今週は?


店を予約する際の注意点。どの席を予約する?


「剛さぁ、来週の食事会、悪いけど店決めてもらえるか?計6名で宜しく。」
「分かりました!探しておきます!」

数人で飲んでいる時、高級外車の輸入業を営むケンさんから、来週の食事会の店を探すよう指令が入った。

「えーケンケン、来週も食事会なの?それ、真衣たち誘われてないんだけど。」

隣に座る真衣が、わざとらしくふてくされたフリをしている。

ケンさんの本名はケンタだけれども、皆から、ケンケンの愛称で呼ばれている。

女性陣は、むしろ正式名がケンタさんだということを知らない者がほとんどだろう。

僕もケンさんと呼んでおり、ケンタさんと呼ぶことは滅多にない。

これはケンさんがそれだけ周りから慕われていることの証でもある。

「いつもの感じで、よろしくな。」
「個室で、探しておきます!」

港区の上層部から店の手配を頼まれた時、絶対に守らなければならないルールがある。

それはカウンター席がベストな店以外、“個室を押さえる”ということだ。

このような手配をする際に、個室がない店ならば仕方ないが、個室があるのにも関わらず、そこを手配しなかった場合、港区では“脳なし”の烙印を押される。

これは何もビジネスの会合に限った話ではない。今回頼まれたようなカジュアルな食事でも、皆個室を好む。

最初、僕にはここまで異様に、男女共に個室にこだわる理由が分からなかった。でも、港区の事情通になった今ならば、その理由が分かる。


港区ではどこで誰に見られていたり、話しを聞かれているか分からない。自分の知らぬ所で、勝手に噂話が一人歩きしていることも多いからだ。


隣のテーブルにいたのが知人の知人、なんてことが日常茶飯事なのだ。

【港区遊び方委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo