港区遊び方委員会 Vol.11

深夜0時を過ぎても帰りたくない!カラオケ付き会員制バーに群がる港区民は、幸せなのか

あなたの遊び方、間違っていないだろうか?

大人になり、ある程度の経済力を手にすると、遊び方の流儀が問われるようになる。

酸いも甘いも経験し、東京で遊び尽くした港区民たちの、次なる遊び方。

そんな彼らの最新事情を、飲食店経営者であり港区おじさんジュニアと呼ばれる剛(32歳)が探っていく。

これまでに、パーティールームで興じるトランプの楽しさガジェット大好き港区民港区芸能人事情などを学んできた。

さて、今週は?


「剛、2軒目の店押さえといて。」

「はい、分かりました!」

翔吾さんとの食事会、終盤に差しかかった頃いつもの指示が入る。

僕は調子の良い返事をしたものの、2軒目を探そうと電話をかける手が止まる。


—今日のメンバーは、カラオケ歓迎派か?それとも拒否派だろうか......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
全くついていけないおばさん
剛って、プライドあるの?
太鼓持ち、しょうごの腰巾着をいつまでやるの?
港区って、本当にこんなのいるの?
また、本当の話かな
2017/10/06 09:328
No Name
BIG BANGじゃなくBIGBANGだから
2017/10/06 11:287返信1件
No Name
友達以外とカラオケの良さは、話してなくても形になること、かと思っていましたが。
結局なんだったんでしょうか。
2017/10/06 07:305
soul
ちなみに南青山住んでいますが年齢が60超えているので偉そうなことは言えませんが相変わらず人が西麻布で登記して設立しそのままいなくなる人を見てます
以前は十番や西麻布も住んでいましたが相変わらず人はいますが正直お金持ってる人は若い人が多くそれなりの年齢は商社やコンサル以外は稼げていないようでかおたんが今も満員ですから
2020/06/28 21:060
もっと見る ( 5 件 )

【港区遊び方委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo