先週のアクセスランキング!1位は、恋愛中毒:「他の女に、指一本触れないで」禁断の恋に酔う男女が招いた、一瞬の隙

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“恋愛中毒”に“男と女のLoveゲーム”から“誘惑する唇”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
恋愛中毒:「他の女に、指一本触れないで」禁断の恋に酔う男女が招いた、一瞬の隙

―私だって帰りたくない。ずっと一緒にいたい。

しかし、本音をぐっと堪え、抜け殻のような身体を引きずりながら夫婦の自宅へ戻るのが常だ。会うのは週に一度でも、達也は毎日欠かさず連絡をくれたから、菜月はもう、夫と達也の二人の間で揺れる二重生活の境界線すら曖昧になっている。

本気で恋に堕ちるというのは、そういうことだ。だから恐い。そんな最中、医師である夫が、学会の関係で海外出張に行くことが決まったのだった。

続きはこちら

★第2位
「子供を持つことが幸せ」と他人に押し付ける女の完全敗北。35歳・独身の幸福な人生とは?

家で夕飯の支度をしていても、恭子のことがやっぱり頭から離れなかった。鍋の火加減を横目で気にしながら、スマホで久しぶりにFacebookを開く。恭子はめったなことでは自ら投稿をしない。そのため、彼女のタイムラインは友達によってタグ付けされた写真で埋められている。

ここ1、2年のバカンスの写真。シチリアのタオルミーナに、スペインのメノルカ島やギリシャのミコノス島。地中海やエーゲ海の美しさに負けず劣らず、恭子は自然体で輝いている。

それに比べて私のタイムラインは…。

続きはこちら

★第3位
港区ネットワークを甘く見るな。浅はかに職業を“盛った”者たちの行きつく先

マリ(26)って言います。20代向けの赤文字系雑誌のモデルをしつつ、片手間で知り合いの会社で事務をしています。今はモデルをしつつ働いていますが、3年後には六本木にネイルサロンを出す予定です。でも今ちょうど、彼がいないんです。

東京は意外に狭いから、あまり同じコミュニティ内で探しすぎるわけにはいかないでしょ?だから、普段そんなに交流が密じゃない港区女子・加奈子に誘われたパーティに、行くことにしたんです。

続きはこちら

★第4位
寿退社したものの:専業主婦になるのは簡単。だが、仕事復帰には茨の道が待っている!?

「彼の、まっすぐに向き合ってくれるところが好きなの。康介となら、なんてことない居酒屋でも、公園で過ごすだけの時間でも楽しくて。」

ノロけすぎー、などと軽口を叩きながら、2人はシャンパングラスを鳴らす。あの頃は、本当にそう感じたのだ。 だからこそ、「俺が面倒見てやる」という力強い言葉にほだされ、後先考えずに好条件の正社員の座をみすみす失ってしまった。

だが、あの日から今日までの数年で、自分はどれだけ変化しただろう。

続きはこちら

★第5位
誘惑する唇:愛される女ほど、駆け引きしない。好きな男の独占欲をくすぐった女の秘密

真樹は、康史からデートをドタキャンされて以来、この1週間ずっと落ち込んでいた。康史とのLINEのやりとりは一切ないし、会社で顔を合わせてもあきらかに目を逸らされる。最近では、彼の姿を見ると、胃がキリキリと痛むことさえある。

一方で、竜太と約束した食事の日はどんどん近づいてくる。どうしてこうも、自分が好きな人とはうまくいかずに、どうでもいい人からは強く求められるのだろうか。そんな事を考えながら出社早々、真樹は重たい気持ちでパソコンに向かっていた。

続きはこちら

東カ経者Night詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo