にゃんにゃんOL物語 Vol.6

「彼は、何の仕事してるの?」の真意。Google検索で、男の年収を競い合うにゃんにゃんOL

定時帰りの、腰掛けOLたち。

楽な仕事に給湯室での井戸端会議、充実したアフターファイブ。

”安定”という鎧を手に入れた彼女たちは保守的で、誰かが幸せにしてくれるのを待っている。

丸の内の大手損保会社に勤める愛華(26)も、その一人。典型的な腰掛けOLである彼女には、実はこんなあだ名がある。

“にゃんにゃんOL”、と。

元OLのアリサ(29)から檄を飛ばされ腹黒系にゃんにゃん結衣に蹴落とされそうになりながらも、意中の商社マン・和樹に“可愛い”と褒められ喜ぶ愛華。

今週の愛華は何を思う...?


「和樹さんと、最近どうなの?」

洗面所で結衣に話しかけられた途端、ディオールのリップグロスを持つ手が思わず止まった。

喜びが顔から滲み出てしまい、つい笑顔になる。

「この前食事へ行った時に、ちょっと良い感じになって。それで今度は、二人で食事に行こうって話になってるの。」

アリサさん達と四人でご飯へ行って以来、和樹さんと何となく距離が縮まり、次は二人で食事に行こうという話になっているのだ。

「そうなんだぁ。よかったね、愛華ちゃん幸せそうな顔してるもん。でも和樹さんって何の仕事してるんだっけ?どこの部署?」

結衣を見ると、何食わぬ顔をしてチークを塗っている。

「あれ?結衣ちゃん知らなかったっけ?商社の、エネルギー系の部署にいるよ。」

たしか、結衣は知っていたはずだ。和樹が商社マンだということを。なぜ今更聞いたのだろうか?

「ふ〜ん、そうなんだ。どこの商社?」

「大手町で、本社が移転予定の総合商社だけど。」

和樹の話をしながら、少し鼻高々になった自分がいた。これだけ言うと、大概のOLたちは和樹のランクを推し量れるから。

あえて会社名を言わなくても、業種とオフィスの場所、そして所属部署だけで十分だ。

それだけで、結婚に対してアンテナを張り巡らせている女性たちは、男性の年収を推測できるくらいの情報量を持っている。

「へぇ...愛華ちゃん、良かったね。」

そう言う結衣の顔が、少し歪んでいたのは気のせいかしら。

【にゃんにゃんOL物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo