注文の多い女たち Vol.4

注文の多い女たち:「ふさわしい男」を探して迷走するアラサー。大人の恋に妥協は必須?

「最近、良い出会いがない」

未婚・美人の女性に限って、口を揃えて言う言葉である。

しかしよくよく話を聞いてみると、その言葉の真意はこうだ。

「理想通りの、素敵な男性がいない」

フリーランスでバイヤーをしている岡村亜希(32)も、そんな注文の多い女のひとり。

後輩・マミちゃんの結婚式2次会で若いだけの女に惨敗した亜希は、エミに誘われ良縁祈願に出かける

すると、早速ご利益が?!「亜希さんに一目惚れした人がいる」とマミちゃんから連絡が届いたのだ。


32歳のお嬢様


パレスホテルのオールデイダイニング『グランド キッチン』のテラス席。

皇居のお堀から漂ってくる夜風が、ひんやりと心地よい。

夏の間だけ平日限定で開催している「Summer Terrace Gathering」プランが気になっていた亜希は、大学教授の秘書をしている百合を誘って、仕事終わりに合流した。

「はい、これ。百合の分もちゃーんとお祈りして来てあげたからね」

目前に座る大学時代からの友人・百合に、鈴虫寺で買って来たお守りを差し出すと、彼女はこちらがびっくりしてしまうほどの歓声をあげた。

「買って来てくれたの?すっごく嬉しい...」

幼稚園から高校までカトリックの教えを重視する白百合学園で過ごしたからだろうか?百合は、昔から感謝の表現が少々大げさなのである。

しかし次第に目まで潤ませはじめた百合を見て、さすがにオーバーだと亜希は慌てる。

「ちょっとそんな、大げさよ」

すると百合は顔をブンブンと横に振り、「違うの」と言うのだった。

「身にしみるのよ。実は私、この間“婚活パーティ”に参加したんだけど...なんかもう、悲しくなって来ちゃって...」

恵まれた環境で育った証ともいえる、疲れ知らずの白肌。

そこに上品に配された血色の良い唇。それを歪めながら話す百合の言葉を、亜希は呆然としながら聞いた。

【注文の多い女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo