二世を狙え! Vol.3

二世を狙え!:就職活動は、TV局のお偉いさんとの会食。ゆるゆる縁故採用の実態

生まれた時から勝ち組。

そう言われる一方で、「親の七光り」「二代目は会社を潰す」と揶揄されることもある二世たち。

親の潤沢な資金を受け継ぎ、悠々自適に暮らしているようにも見える彼ら。

そんな彼らの生態を暴いていこう。

これまでに、二世という身分を隠しながら嫁を探す幸一郎や親の資産格差で悩む、慶應幼稚舎出身の航平を紹介した。今回は?


<今週の二世くん>

名前:雅也
年齢:28歳
職業:大手民放テレビ局
年収:1,000万
居住地:赤坂
親の職業:大手外資系自動車メーカー(日本支社長)


前回登場してもらった航平から、元クラスメートを紹介してもらった。つまるところ、友人である雅也も同じく、慶應幼稚舎出身であることは言うに及ばない。

まるで俳優のような整った顔立ちに、趣味のジム通いの成果なのか、隆々とした筋肉。

“天は二物を与える”と不公平さを嘆かずにはいられないが、彼の生い立ちや経歴を聞いていると二つどころか、それ以上のものを生まれながらに与えられたことを知ることになった。

「幼少期は、父の仕事の都合でアメリカに住んでいました。小学校に上がると同時に帰国したのですが、一応、今でも英語は話せます。」

苦労せずに英語力も手に入れ、目黒にある実家で何の不便もなく生きてきた。

(大学生になり、外部生と触れ合うまで、自宅にお手洗いが一箇所しかない家に足を踏み入れたことはなかったそうだ...)

ある意味浮世離れしている雅也だが、彼の就職活動の実態を知り、唖然とした。

「こんなこと言っていいのか分かりませんが...親父の会社は、テレビ局にとってかなり大口の広告主。表面上は就職活動を行ったものの、実際には入る前から決まってました。 」

【二世を狙え!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo