二世を狙え! Vol.2

二世を狙え!:親の格差は子の格差。慶應幼稚舎出身でも、実家の資産総額で生じる隔たり

生まれた時から勝ち組。

そう言われる一方で、「親の七光り」「二代目は会社を潰す」と揶揄されることもある二世たち。

親の潤沢な資金を受け継ぎ、悠々自適に暮らしているようにも見える彼ら。

そんな彼らの、知られざる生態を暴いていこう。

初回は、二世という身分を隠しながら嫁を探す幸一郎を紹介した。今回は?


<今週の二世くん>

名前:航平
年齢:28歳
職業:大手銀行勤務
年収:約600万
居住地:乃木坂
親の職業:電気通信系会社経営

親の年収格差は、子供の年収格差


—慶應幼稚舎出身


航平のことを事前に聞いていたので、勝手に典型的な慶應ボーイを想像していた。しかし、待ち合わせ場所に現れた航平は腰が低く、物腰の柔らかい男性だった。

「幼稚舎から慶應です。今でも、同級生や先輩の皆と仲良いですよ。」

そう話す航平だが、話を聞いているうちに、目には見えぬ、大人になった今だからこそ浮き彫りになる“慶應内格差”が見えてきた。



スラリとした長身に爽やかな笑顔。姉が二人いる影響からか、女性に対して非常に優しい航平。彼が、モテない訳はなかった。

中・高時代には近隣私立女子高の中でも一番可愛いと評判の彼女がおり、遊んでいる仲間は常に幼稚舎出身組。

慶應の中でも航平のグループは目立っていた。

高校時代から皆親のクレジットカードで遊び放題。一応アルバイトはしていたが、時間潰しのためであり、決して生活のためではなかったそうだ。

「お金に困った記憶は、ありません。」

そう豪語する航平が異変に気がつき始めたのは、大学に入った時、言うならば就職活動の時だった。

以前から遊んでいたグループの仲間たちは、一向に就職活動を始める気配がない。むしろ、その時期に皆でハワイ旅行に行く計画などを立てていた。


「航平も行かない?と誘われた時に気がつきました。僕の親には、そこまで力がないことに。」

【二世を狙え!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo