にゃんにゃんOL物語 Vol.1

にゃんにゃんOL物語:“慶應卒の商社マンと結婚したい”と願う、腰掛けOL(26)は幸せなのか?

定時帰りの、腰掛けOLたち。

楽な仕事に給湯室での井戸端会議、充実したアフターファイブ。

”安定”という鎧を手に入れた彼女たちは保守的で、誰かが幸せにしてくれるのを待っている。

丸の内の大手損保会社に勤める愛華(26)も、その一人。典型的な腰掛けOLである彼女には、実はこんなあだ名がある。

“にゃんにゃんOL”、と。

この物語は、元OLで現在はWebショップオーナーであるアリサ(29)の、“にゃんにゃんOL”観察日記である。


華の丸の内OLですが、何か?


「アリサさん、聞いてくださいよ。昨日の食事会、相手が商社マンだったんだけど、二千円も徴収されちゃって。」

目の前で、頬をぷぅっと膨らませながら昨日の(多分大した実りもないであろう)食事会の報告を一生懸命している愛華。

丸の内の損保会社に勤める26歳で、将来の夢は“有名企業に勤める高年収の人と結婚して、幸せな家庭を築くこと"(そのまま旦那の仕事で海外に住み、駐妻になれたらラッキー)。

「そうなんだ。その二千円に何の意味があるんだろうね。」

グラスに水滴がついたアイスティーを飲みながら、アリサは改めて愛華を見つめてしまう。

愛華は、大学時代の3つ下の後輩である。

きちんと手入れされた肌は雪のように白くて美しい。背はそこまで高くないものの、日頃の食事制限のおかげなのか、綺麗な脚をしている。

テニスサークルが一緒だったが、昔から彼女は、読者モデルに妙な憧れを持っており、ファッション雑誌を熟読しているようなタイプだった。

ふんわりとしたスカートやワンピースを好む愛華と対照的に、毎日デニムや派手な色が多く、顔も濃いアリサ。仲が良いのを不思議がる人がいるのも納得だ。

「愛華って、毎日食事会へ行ってない?」

愛華は毎晩...特に週末は、常にそんな会へ顔を出しているイメージがある。

「毎晩じゃないですよぉ。火曜は料理教室、水曜はフランス語のレッスンで忙しいんだから。」

―出た!典型的な、腰掛け“にゃんにゃんOL”のアフターファイブの過ごし方だ。

“にゃんにゃんOL”は大概、習い事に精を出しており、料理教室かポーセラーツ教室に通っている。

そして英語かフランス語も必ずと言っていいほど勉強中。(しかしほぼ身になっていない)。

「そっか。で、結局愛華はどうしたいの?」

ここ最近、愛華に会うたびに聞いている質問だ。
でも、明確な答えは永遠に得られていない。

【にゃんにゃんOL物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo