エーデルワイフ Vol.8

エーデルワイフ 最終回:女の人生に正解などない。覚悟を決めて、前に進むだけ

2017年の東京を生きる大人の女性が、悔いなき人生を歩むために身につけるべき「品格」とは?

30歳で婚約破棄。

婚約者・涼ちゃんの浮気で未来に絶望した千晶は、導かれるようにして、ナンタケットバスケット教室「エーデルワイス」を主宰する高貴な妻・白鳥雪乃と出会う

「エーデルワイス」に通う幸せいっぱいの新妻・柳沢結衣の生き方を羨ましく感じる千晶だが、実は彼女も不自由な暮らしを我慢していることを知り、女の幸せの形について思い悩む。

千晶を心配する後輩・あずの紹介で、千晶は爽やかイケメン弁護士・正木と出会うが、どうしてもその気になれず結局、涼ちゃんとヨリを戻すのだった。

最終回、千晶が選んだ道の先に幸せはあるのか?


迫られる選択


涼ちゃんとまた逢うようになって、早1ヶ月が経つ。

楽観的であることが取り柄の彼はしきりに「一緒に暮らそう」と言ってくるが、千晶はさすがに躊躇している。

同じ相手に、再びの婚約破棄などということがあろうものなら...考えただけでも恐ろしい。ここは慎重に慎重を期しても足りないくらいだろう。

それに、先日千晶が担当した某家電メーカーの仕事が社長に評価され、今度は日本に初上陸したフランスの高級食品メーカーのプロモーションを任されることになった。

連日深夜帰宅が続いており、正直言って自分の生活で精一杯だ。同棲すれば確かに家賃は浮くが、その分家事の負担が増える。

もう少し、曖昧でいい。

そう思っていたが、女30歳、やはりそんな悠長な事を言っていられないのであった。

週末の夜、涼ちゃんに呼び出された『Pinze Loca神楽坂店』で、彼の珍しく真面目な表情を見て千晶は咄嗟に身構える。

−まさか…。

予感は、的中。彼は、嫌が応にも決断を迫られる現実を千晶に突きつけた。

「千晶、俺、9月からマニラ駐在が決まった…」

【エーデルワイフ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo