あの『くろぎ』のお得な鯛茶漬けコースは銀座SIXでしか食べられない!

「鯛茶漬けコース」(1人前2,700円)

2017年4月に開業した『GINZA SIX』。銀座のど真ん中に、名店が各地から集められたグルメエリアは、もちろん注目店が目白押し!

今回は、地下2階『くろぎ茶々』で提供される「鯛茶漬けコース」に注目した。湯島『くろぎ』の「鯛茶漬け」ランチは、予約がなかなか取れない人気メニューだった。

惜しまれつつも本家での昼提供を終了してしまった、幻のメニュー「鯛茶漬け」がここ『GINZA SIX』では味わえるのだ!

商業施設の地下とは思えない趣ある佇まいが出迎える。

幻の逸品が銀座の新名所で復活!

『くろぎ茶々』とは、湯島に構えていた日本料理の名店『くろぎ』と『福寿園』がコラボして誕生した支店である。

2017年3月に本家が湯島から大門に移転し、終了してしまった人気の鯛茶漬けを、より気軽に楽しんでもらえるようにと、『くろぎ茶々』では「鯛茶漬けコース」を提供しているのだ。

人気の味が気軽に楽しめるとあって、オープン直後から話題沸騰。コースの全貌とともに、入店のコツもお教えしよう。

水出しならではのすっきりとしていながらも、味わい深い一杯。お客様に合わせて選ばれるグラスの絵柄も一興。

まずは水出し緑茶、そしてお待ちかね名物登場!

席につくとまず提供されるのは「食前茶」。

創業200余年の歴史を持つ京都の老舗茶舗『福寿園』とのコラボレーションにより誕生した店だけに、提供されるお茶にもこだわりが光る。

美しい季節の花が描かれたグラスに注がれる水出し玉露は、甘みや香り、旨味が凝縮され、すっきりと食前の口を洗い流してくれるのだ。

小鉢や漬物は季節で異なるが、この日は「鶏肉の南蛮漬け」と「茄子とニシン」と漬物。

待ってました!大人気の「鯛茶漬け」が登場!!

食前茶を飲み終える頃には、目の前に「鯛茶漬け」が登場する。小鉢料理2種と漬物、汁物がセットになった充実の内容だ。

胡麻だれにからんだ濃厚でぷりぷりの鯛が、たっぷりと盛り付けてあるのが嬉しい。

また、お茶漬けに使用するお茶は、京都宇治のお茶2種類から選ぶことが可能。

お茶は「玄米茶」をセレクト。玄米茶ならではの香ばしさが、胡麻だれの風味と絶妙にマッチ。

この日は国産の紅茶で、マイルドな味わいの「和紅茶」と、香ばしさが特徴の「玄米茶」の2種類。2種類とも鯛茶漬けに合うものをセレクトされているので、相性は抜群だ。

2名で訪れたら、それぞれ違うお茶を選び、食べ比べを楽しんでみるのもおすすめだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo