連載を探す

東カレNIGHTイベント募集
東京カレンダー主催の『東カレNIGHT』では、昨今オンラインマッチングを中心に多くの出会いをサポートしてきたが、 皆様のご要望にお応えすべく、ついにオフラインイベントの復活開催を決定! ”オフライン”&”オンライン”のWチャンスのマッチングイベントをご用意し、より良い出会いを全面サポートさせていただきます! 2種類のイベントに参加して、最高の出会いを見つけよう!
2021.12.23
CHANGE(チェンジ) ~いくつになっても初体験っていいもんだ~
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。 進化論を唱えたダーウィンの名言は、人生の成功者にも当てはまる。ビジネス環境はもちろんのこと、ライフスタイルまでもが目まぐるしく変容する今の時代。 重要なのは、時に愉しみながら、柔軟に自分を変化させていくこと。大きく意気込むのではなく、ほんの小さなきっかけを見逃さない。それが人生を謳歌する大人に共通する点だ。 例えば、デートで飲むいつもの1杯を変えることで人生が大きく変わることも…。
2021.12.15
高偏差値なオンナたち
高い偏差値を取って、いい大学へ進学する。 それは、この東京で成功するための最も安定したルートだ。 …あなたが、男である限り。 結婚や出産などさまざまな要因で人生を左右される女の人生では、高偏差値や高学歴は武器になることもあれば、枷になることもある。 幸福と苦悩。成功と失敗。正解と不正解。そして、勝利と敗北。 ”偏差値”という呪いに囚われた女たちは、学生時代を終えて大人になった今も…もがき続けているのだ。
2021.12.10
今はもう、なんでもないから
あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか? 「元カレとはもう、なんでもないから」 大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。 だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。 しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。 「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。
2021.11.24
最終レッスンに間に合えば
人はパートナーに、同じレベルの人間を選ぶという。 つまり手の届かないような理想の男と付き合いたいのなら、自分を徹底的に磨くしかない。 そう考え、ひたむきに努力を重ねる女がいた。 広告代理店に勤務する杏奈(25)。 彼女は信じている。 決して休まず、毎日「あるルール」を守れば、いつかきっと最高の男に愛される、と。
2021.11.22
盛りラブ
「相手にとって完璧な人」でありたい—。 恋をすると、本当の姿をつい隠してしまうことはありませんか。 もっと好かれようとして、自分のスペックを盛ったことはありませんか。 これは、恋するあまり理想の恋人を演じてしまう“背伸び恋愛”の物語。
2021.11.12
高嶺の花
2021年も残りわずか。 大手IT企業勤務、28歳の陽太(ようた)は焦っていた。 この1年なにやっていたんだろうと。 仕事も恋も、思い描いていたシナリオと全然違う…。 これは一人の「こじらせ男子」が高嶺の花に挑戦する、令和の小さなラブストーリー。
2021.10.27
絶食系女子
彼氏やパートナーがいる人が幸せって、誰が決めたの? 出会いの機会が激減したと嘆く人たちが多い2021年の東京。 ひそかにこの状況に安堵している、恋愛に興味がない『絶食系女子』たちがいる。 この連載では、今の東京を生きる彼女たちの実態に迫る。
2021.10.26
夫力★向上委員会
“男女平等”が叫ばれている、昨今。 しかし「6歳未満の子を持つ夫婦の、1日あたりの家事・育児関連時間」は妻が平均7時間34分。 それに対し、夫は1時間23分(総務省「社会生活基本調査」)ほどだという。 日本における夫の家事参加率は、先進国の中でも最下位なのだ。 家事・育児に非協力的な夫。それに対し不満を抱き、愛想を尽かす妻たち。 これは、そんな「夫力(オットリョク)」皆無の男が、離婚を免れるために日々成長していく物語である…。
2021.10.26
恋愛クラッシャーな女たち
ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。 「私は別れたくないのに、どうして…?」 彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。 では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?
2021.10.21
カレと結婚して大丈夫?
結婚前の、男女の葛藤。 「本当にこの人と結婚していいの?」 大好きなはずなのに、幸せなはずなのに…。そんな想いとは裏腹に、不安は募るばかり。 カレンダーを見ると“結婚予定日”まで残りわずか。そんなタイミングで発覚した、改姓トラブルや妊娠・出産に関するアレコレ…。 2人は無事に危機を乗り越え、幸せな結婚を迎えられる?
2021.10.11
こじれたふたり
目まぐるしい東京ライフ。 さまざまな経験を積み重ねるうちに、男も女も、頭で考えすぎるクセがついてしまう。 そしていつのまにか、恋する姿勢までもが”こじれて”しまうのだ。 相手の気持ち。自分の気持ち。すべてを難しく考えてしまう、”こじれたふたり”が恋に落ちたとしたら…? これは、面倒くさいけれどどこか憎めない、こじらせ男女の物語である。
2021.10.10
婚活アポ~27歳ワセ女の場合~
婚活に奮闘する人たちは、初デートのことをこう呼ぶ。 「婚活アポ」 ある程度仲良くなるまで、男女の約束は仕事と同様"アポイントメント"なのだ。 そんな激しい婚活市場で、数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、東奔西走する一人の女がいた。 失恋にも負けず、婚活うつにも負けず、アポ、アポ、アポの日々。 なぜって、元カレよりも素敵な人と結婚したいから……。 これは「真面目に努力すれば、結婚できる」そう信じて疑わない、早稲女・夏希の『婚活アポダイアリー』。
2021.10.02
アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜
キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。 尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業では必要不可欠なもの。 しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。 貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。 その強さと身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日、目撃する──
2021.10.01
東横沿線の絶品グルメ
東横線沿線には、大人の日常のデートにそっと寄り添う名店が数知れず。 最先端の港区でのデートも良いけれど、大人のふたりには時たま、肩の力を抜いて語り合いたい夜もある。 そんな時、ふらっと訪れることのできる気軽さと、お洒落さを兼ねた行きつけがあると心強い。 各駅の住民を中心に人知れず愛される、東横線沿線の秘密のグルメをご紹介しよう!
2021.09.26
「ハラミ」がしみじみ旨い店
焼肉の定番メニューとして不動の地位を築いたハラミ。 ワインレッドの深い赤みを帯びた肉は、まるで赤身肉のような濃い旨みを感じる。 一方で、カロリーが低くさっぱりといただけるが嬉しい。 繊維がザクザクとほぐれていくような肉々しいワイルドな食感も独特で、香ばしく焼けば真価を発揮する部位である。
2021.09.18
食欲増進!「正肉」の名店
肉の味を噛み締める赤身に、見惚れるほど美しい霜降り―。 そんな正肉こそ焼肉の王道であり、真骨頂。 それらがタレを纏った時、食べ手の理性は瞬時に崩れ落ちていく。 ロース、カルビ、サーロイン、そして、希少部位の4カテゴリーのタレ焼肉の名店を厳選。 溢れ出す肉の旨みとともに思わずご飯が進み、おかわりを欲してしまうだろう!
2021.09.10
ドクターKの憂鬱
憂鬱(ゆううつ)―。 まるで曇り空のように、気持ちが塞ぎ込んでしまうこと。 失恋を経験した人だったら、少なからず経験したことがある感情だろう。 ”ドクターK”と呼ばれる男も、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。 彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。 恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?
2021.09.09
セルフ・ラブ~20代女子の矛盾~
結婚・出産・転職。 20代には人生を大きく変えるイベントがぎゅっと詰まっている。 そんな大きな決断をまえにすると、多くの人は悩む。 世間一般で言われる“幸せ”と、「わたしはわたし」と考える“セルフ・ラブ”はズレるから―。 これはさまざまな葛藤を抱えながら、自分だけの正解を見つけようともがく、20代女子の内面を描いた物語。
2021.09.06
「タン」で感動する名店
焼肉好きの大人が、まず初めに注文するもの。それはきっと、タンだろう。 たっぷりのネギを乗せたり、レモンを付けたり……。 店によって楽しませ方は多種多様! プリっとした弾力と、心地よい歯切れの良さ。 店の顔として堂々と登場するタンの存在が、大人の“焼肉ボルテージ”を上げるのだ。
2021.08.26
#美ごもり
―2021年。 ステイホームの時間が増えたいま、 東京にいる男女の生活は大きく変わった。 その中でも華やかな生活を送っていたインスタグラマーたちが、こぞって夢中になったのが「#おうち美容」。 外からも内からも自分と向き合い「美ごもり」生活を送った人々には、いったいどんな変化があったのだろうか? 1つのアイテムが、人生を変えることもある。 東京で「#美ごもり」生活を送る人々の姿を、覗いてみよう。
2021.08.24
へんなかねもち図鑑
アッパー層が集結する街・東京。 その中でも特に裕福な、純金融資産“1億円”以上の富裕層はどのくらいの割合か、ご存知だろうか? ある統計によると 「日本の全世帯のうち2.5%程度」というデータがあるらしい。 なかなか出会えない、2.5%の富裕層たち。 レアな生き物である彼ら"かねもち"たちの、ちょっと変わった生態を覗いてみよう。
2021.08.18
ごきげんよう時代を過ぎても
東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。 それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。 「銀のスプーンをくわえて生まれてきた」彼女たちは、その狭い楽園で思いっきり青春を謳歌する。 しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づくのだ。 ―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…! ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、奮闘ぶりをお届けしよう。
2021.08.13
vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~
美人か、そうでないか。 女の人生は“顔面偏差値”に大きく左右される。 …それなら、美しく生まれなかった場合は、一体どうすればよいのだろう。 来世に期待して、美人と比べられながら損する人生を送るしかないのか。 そこに、理不尽だらけの境遇に首をかしげる、ひとりの平凡な容姿の女がいた。 女は次第に「美人より、絶対に幸せになってやる!」と闘志を燃やしていく。
2021.08.13