華麗なるお受験 Vol.4

願書に「福翁自伝」の感想欄が...!慶應義塾幼稚舎受験の恐るべき実態

教育は平等、ではない。

親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。

東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。

これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指したり、型にはまらぬ生き方を望むインターママ、親子4代で白百合学園育ちの方たちを紹介した。

今回は、慶應義塾幼稚舎という、華麗なる門をくぐった親子の実態に迫る。


#File04 ご縁こそ、宝。“社会の上澄み”が集う、慶應義塾幼稚舎という特権階級


名前:桜子さん
年齢:34歳
子ども:長女6歳
子どもの学校:慶應義塾幼稚舎


「大変お待たせいたしました」

ウェスティンホテル東京の『ザ・テラス』に現れた桜子さんを一目見て、取材班は慌てて背筋を正した。

競争率10倍とも言われる、慶應義塾幼稚舎(以下、幼稚舎と表記)。

日本の政財界を支える企業の御曹司やご令嬢、各界や梨園などの由緒ただしきお家柄の子どもたちが集う、言わずと知れた名門小学校である。

桜子さんの長女は今年、その狭き門を見事突破し、選ばれし144名の新1年生の1人となった。

コンサバの王道・上下ネイビーのコーディネートに、決して主張しないが上品に華を添えるパールのネックレス&ピアス。

わかりやすいブランド品はどこにも見当たらず、上質だが実用的なデザインの(つまり、ファッショナブルではない)白いレザートートを携えて現れた桜子さん。

−ああ、さすが。

取材班は一同、阿吽の呼吸で頷いた。

桜子さんの内側から滲み出るのは、母に徹する女の覚悟。その凜とした美しさを前にして、飾り立てた美などは一瞬で霞んでしまう。

取材班は、自身が持ってきたシャネルのバッグをそっと目につかぬ場所に隠し…まずは気になる、あの質問を投げかけた。

「桜子さんご夫妻も、やはり慶應のご出身なのですか?」

【華麗なるお受験】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo