華麗なるお受験 Vol.3

華麗なるお受験:「わきまえられること」が肝要。名門お嬢様学校、白百合学園の教え

教育は平等、ではない。

親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。

東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。

これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指したり、型にはまらぬ生き方を望むインターママを紹介してきた。

今回は話を伺ったのは、都内有数のお嬢様学校、白百合学園に娘を通わせる、親子4代白百合ママ。


#File03 挨拶は「ごきげんよう」親子4代白百合一族の母校愛


名前:薫さん
年齢:34歳
子ども:7歳(女の子)
子どもの学校:白百合学園小学校


飯田橋の『カナルカフェ』は、いつ訪れても懐かしい気持ちになる。

昼下がりのテラス席は水面がキラキラと眩しく輝き、時折通り抜けていく気持ちの良い風に、取材班が目を細めていた時だった。

「お待たせしました」

時間ぴったりだというのに、先に席に着いていた取材班を目にすると、薫さんは小走りで近寄ってきてくれた。

グレーのトップスに黒パンツ、足元は歩きやすそうなローヒール。

薫さんの装いは非常にシンプルかつ実用的で、化粧も最低限。高級品は見当たらないその質素な佇まいに、取材班は拍子抜けしてしまった。

彼女の家は、祖母、母、姉及び自身、そして小学校に通う娘を含めて4代にわたり白百合学園育ち。まさに、正真正銘の白百合一族なのだ。

白百合学園といえば、「ごきげんよう」という、2017年の東京ではおよそ聞くことのない挨拶を未だに徹底していることで知られる、都内有数のお嬢様学校である。

どんなお嬢様然とした女性が現れるのかと期待していたのだが、本物の箱入りお嬢様というのは、薫さん然り、必要以上の主張を必要としていないのかもしれない。

【華麗なるお受験】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo