デーティングアプリは、必然に。 Vol.1

デーティングアプリは、必然に。女子会で露呈した、2017年東京での“当たり前”な出会い方

2017年、東京での“当たり前”な出会い方。

それは社内恋愛でもお食事会でもなく、間違いなくデーティングアプリだ。

しかしオンライン上での出会いに、抵抗を示す人は未だ少なくない。今まで難なく自分の生活圏内で恋人を探してきた男女なら、尚更だ。

商社で秘書として働く、桃香(30)もその内の一人。

―デーティングアプリなんて、私には関係ないわ。

そう思っていたある日のこと、桃香の価値観を揺さぶる、ある出来事が起こる。


「このスタンプ、何かしら…」

恵比寿駅の西口改札を出た瞬間、iPhoneに表示されたLINEのメッセージを見て、桃香は思わずつぶやいた。

―桃香ちゃん、休みの日は何してるの?

そのメッセージの下には、女性の間では大人気のゆるキャラのスタンプ(ピンク色の可愛らしいうさぎ)が動いていた。

相手は、先週の食事会で出会った外資系投資銀行勤務の男だ。トライアスロンが趣味だと言う彼は、男らしくスマートで、桃香のタイプどんぴしゃだった。

出会ってから毎日LINEし、ようやくデートに誘われるかと思いきや、このスタンプが送られてきて、一気に返す気が失せた。男性が可愛らしいスタンプを使うことに、桃香は激しく違和感を感じる。


最近、本当にいい出会いがない。


歳を重ねて、ハードルが上がってきているのだろうか。

総合商社の秘書として働き初めて丸8年。一般職ではあるが、同年代のOLたちに比べたら充分過ぎる給料をもらっている。そして何より、桃香はトップクラスの美女だ。

「清楚な美人」

桃香を一目見た人間は、大抵そんなイメージを抱く。艶やかに染められた栗色のロングヘアに、ぱっちりとした二重。そして透き通るような白い肌が、一層その美貌を際立たせている。初対面の人には、「佐々木希に似ている」とよく言われる。

恵比寿南方面に線路沿いを少し歩き、今日の女子会の場所『ノック クッチーナ ボナ イタリアーナ』を目指す。

今日は、いつもの4人で女子会だ。と言っても、なかなか予定が合わず、全員揃うのは3ヶ月ぶりだった。

皆容姿に恵まれ、かつ彼氏がいない。桃香にとって、最強の女友達だ。

―いい男って、本当にいないものねぇ…。今日は、みんなに話を聞いてもらわなくちゃ。

そう思うと、歩く足が自然と早まった。

【デーティングアプリは、必然に。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo