港区おじさんコレクション Vol.3

ボロボロになった私を、仕事で救ってくれた港区おじさん

外資系投資銀行でバックオフィスを担う、有希、30歳。

彼女は「業界内での出世」を狙うべく、様々な港区おじさんと関係を深めていく。

業界内にとどまらず、事業会社の地位ある人物にまで触手を伸ばしていき、港区の酸いも甘いも知り尽くした彼女に与えられた呼び名は、“港区おじさんコレクター”。

業界のスーパースターである勇人のお気に入りポジションを手に入れ、あと一歩を踏み出さずにとの甘い時間を楽しむ有希。

30歳という女性の分岐点で、有希が出した結論とは?それを後押しした、影武者港区おじさんが登場する。

美人のタイムリミット?人形の悲しい性。


AM 10:00

有希のメールボックスにセールス部門のエリカからメッセージが届く。

―Do you have time to discuss?(打ち合わせする時間ある?) Erika

メールの内容がチェックされる金融機関では、本人同士しか分からないメッセージが飛び交う。一見ミーティングの依頼に見えるこのメッセージは、エリカが二日酔いの時のSOSサイン。有希は、ため息と共に返信画面を立ち上げる。

―Sure, see you at the meeting room!(いいよ。会議室で!) Yuki

つい何時間か前に麻衣の彼氏とのデートの話を聞かされていた分、少々気が重かったが、1階下の会議室を目指した。



「お酒控えたら?今月に入って3回目だよ。」

有希が冷えたミネラル・ウォーターを差し出すと、机に突っ伏していたエリカが顔を上げる。

「ごめん~。最近飲んだ次の日は、昼頃まで気持ち悪くって。でも後輩の晴香には、絶対に負けられないから!」

同期入社で1位、2位の美しさを争うエリカは、その日本人離れした顔立ちと茶色がかった大きな瞳で、顧客の心を鷲づかみにしてきた。

化粧品やバッグのように商品の特徴がない金融業界では、“人”が大きな差別化要因となる。つまり、「若くて美人な担当者とまた会いたい」が商売のきっかけになるのだ。

そんなエリカも昨年30歳を迎え、以前のような勢いを失いかけていた。みんな仲良く「おばさん」になれれば諦めがつくものの、顧客と接する彼女達は女性として現役であることを求められ続ける。

深夜までの接待がたたり、エリカの手足や顎周りに脂肪がつきはじめた頃、「昔は美人だったのに」という言葉が社内を駆け巡り始めた。男性恒例の悪口とはいえ、有希は飽きられた人形が捨てられていくような、そんな気分に陥った。

【港区おじさんコレクション】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo