港区内格差 Vol.2

港区内格差:港区内で格下とされる芝在住の女が、バーキンを持つ前にやるべきこと

港区であれば東京の頂点であるという発想は、正しいようで正しくはない。

人口約25万人が生息するこの狭い街の中にも、愕然たる格差が存在する。

港区外の東京都民から見ると一見理解できない世界が、そこでは繰り広げられる。

これはそんな“港区内格差”を、凛子という32歳・港区歴10年の女性の視点から光を当て、その暗部をも浮き立たせる物語である。

港区内で頂点を極めた者に与えられるキングとクイーンの称号。クイーンとなり、港区女子を卒業した凛子は、港区内で有名な男の誕生会に呼ばれ、そこでクイーンにのし上がろうとする女たちを観察した。


デートよりも手強い港区女子会


—明日のランチ、綾乃とその友達も呼んでいい?

港区女子友達・美奈子から、凛子のスマホにLINEが届いたのは、週に2回ほど通っている『ザ・リッツカールトン 東京』のフィットネスエリアで心地よく汗を流している時だった。

いつもと同じ5kmを走り終えると、ランニングマシーンを降り、スパへ移動する。

ジャグジーに入り、大きな窓から見える東京タワーを見下ろしながら、凛子は心の中で小さくため息をついた。

正直に言うと、女子会は苦手だ。

気の置けない女友達との食事は楽しい。しかし“女子会”となると、どこから湧いてくるのか、“友達の友達“として数珠つなぎに新顔が現れるのが港区の女子会だ。

しかも無駄にみんなどこかで誰かと繋がっているため、迂闊にウワサ話もできない。

昨日、表参道のクリニックでレーザーを当ててきたばかりの肌は光輝いている。女友達も良いけれど、こんなに肌の調子が良い日は、どちらかといえば男性に会いたい。たとえ愛する婚約者がいても、だ。

それでも美奈子に押され、しぶしぶ女子会に参加することにした。

—この前買ったマックスマーラの白いワンピースをおろそう。

港区の女子会は、ある意味ファッションショーである。そしてそれは、女同士のマウンティングに直結する。

【港区内格差】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo