それも1つのLOVE Vol.1

それも1つのLOVE:優しいだけの彼じゃ、満たされない。刺激を求める心が招く運命の悪戯

恋人という存在が、2017年現代の東京では、曖昧になってきている。

その人とオフィシャルな関係になる気がなくとも、その人に「彼氏・彼女」ができると、少しだけ胸が苦しくなる。

決して都合の良い関係ではない。だが、人生をかけて愛したいというのも違う。

多様化した愛の形が、今、顕在化してきている。

愛してるとは違うけど、愛していないとも言えない。

あなたの身にも、覚えはないだろうか?

そう、それもまた1つのLOVEである。


始まらないまま、終った恋


「桜井、ふたりで抜けようぜ。」

ふいに耳元で聞こえた不器用な声と、30センチの至近距離で見た翔平の顔。呼吸困難になるのではないかというほどに跳ねる心臓、握られた手の温かさ。

夢とも現実ともわからぬリアリティをもって、突如蘇った懐かしい記憶―。

遮光カーテンが引かれた1DKの部屋。薄暗いベッドの上で目を覚ました桜井奈々(27歳)は、甘酸っぱい感情が胸に広がっているのに気が付いて苦笑した。

「欲求不満か、私ってば…。」

それは、10年以上前の、淡い恋の記憶だった。始まりもせず、終わった恋の。



高校1年の夏の夜、クラスの仲間で花火をしようと、川沿いの土手に皆で集まった。

お調子者の翔平はいつも輪の中心にいる。その夜も、大量のロケット花火に火を点けて大騒ぎしている彼を、奈々は半ば呆れつつも微笑ましく思いながら遠巻きに眺めていた。

翔平には、彼女がいる。隣のクラスに、学年一の美人と名高い彼女が。

それなのに…何の気まぐれか、気の迷いか。

気づけば翔平が横にいて、照れたような、怒ったような顔で抜け駆けを誘い、驚きで声の出ない奈々の手を掴んだ。

「ふたりで抜けようぜ。見せたいものがあるんだ。」

【それも1つのLOVE】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo